※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《光符「正義の威光」》

No.776 Spell <Special Collection Vol.8
NODE(3)/COST(1) 術者:寅丸 星
効果範囲:目標のカードに及ぶ効果
発動期間:呪符

【連結(宝符「黄金の震眩」+「宝塔」)】

【呪符】 抵抗(3)

(自動α):
 〔このキャラクター〕がアクティブ状態の場合、〔必要ノードがX以下の相手キャラクター〕は攻撃、及び防御を行う事が出来ない。Xはこのキャラクターの必要ノードに等しい。この効果では「-」は7として扱う。

(自動α):
 〔裏向きのキャラクター全て〕は以下の効果を得る。

「(自動α):
  〔あなた〕はコマンドカードをプレイする場合、Xダメージを受ける。Xはこのキャラクターの攻撃力に等しい。」

攻撃力(+2)/耐久力(+2)

敵は神の威光の前に平伏し、闇に潜む存在も神の力となるべく立ち上がる。

Illustration:羽瀬ななせ

コメント

【連結】(ユニオン)を持つカードの一枚。寅丸 星のスペルカードで、抵抗(3)をもつ呪符

1つ目の効果は、相手のキャラクターの攻撃、防御に制限をかける。セットしたキャラクターの必要ノード以下に対してのみなので、出来れば大型キャラクターにつけたい。

2つ目の効果は、裏向きのキャラクター全てに能力を追加するもの。コマンドカードを使うと、使用プレイヤーがダメージを受けるというもの。これは自分の裏向きのキャラクターも得てしまうため、相手の使うパペットリッターには要注意。逆に言えば自分で使えば、それだけでゲームに勝てることも。

必要ノード、コスト共に非常に軽く、構築次第では相当早い段階でロックを決めることが可能だが、対象がキャラクターであるため、スペルカードやキャラクターの効果の対象にならない効果を得られると無効化されてしまう。

また、連結素材である宝符『黄金の震眩』冥界にある事で真価を発揮する再利用が可能なカードである。それを犠牲にしてこのカードを使うべきかはよく考えてプレイする必要がある。

  • 名称のルール上、「宝塔」と名の付くカードならば全て連結素材に出来る。「宝塔」の数は第十弾現在3種類と多いので、他の連結と比べると非常に出しやすくなっている。


関連


※名称に「宝塔」を含むカード