※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《奇矯の魔術チーム》

No.772 Character <Special Collection Vol.8
GRAZE(5)/NODE(9)/COST(4) 種族:妖怪/魔法使い

【連結(「聖 白連」+「封獣 ぬえ」)】

伝説 奇襲

(自動α):
 〔あなたがプレイした発動期間が「瞬間(アイコンを参照)」であるスペルカード〕が効果を解決して冥界におかれる場合、冥界に置かれる代わりに裏向きにして、あなたの場にスリープ状態でセットする。そのカードは以後、キャラクター「幻夢(GRAZE2、4/4、種族:なし)」として扱う。

(自動β):
 〔このキャラクターカード〕をプレイした場合、〔あなたのデッキ〕を全て見て、「封獣 ぬえ」1枚を抜き出し、破棄しても良い。その後、デッキをシャッフルする。

攻撃力(9)/耐久力(8)

「貴方もまた、妖怪を虐げる者の一人なのね」
「力ずくで黙らせてやるわ!」

Illustration:朱シオ

コメント

【連結】(ユニオン)を持つカードの一枚。
こちらは聖 白蓮と封獣 ぬえのコンビ。
発動期間について指定されている珍しいカードの1枚。

ノード・コスト共に重めで連結持ちの割に戦闘力は9/8。かといって、コストを踏み倒して出すと奇襲(自動β)が無駄になってしまうのが悩ましい。
戦闘に有利な戦術を持っているわけでもないので、戦闘用としてはやや心細いが、(自動α)の活用など、活躍出来る道は十分にある。他にも高い戦闘力を誇る種族:魔法使いなので、グリモワールオブアリス装備してやれば一騎当千のパワーを得る事が出来る。
また奇襲と後述の(自動β)を持っている事から、勇み足と組み合わせる事で比較的序盤から展開する事も出来る。

(自動β)は、プレイした時点で即座に発生して解決される。
すなわち「プレイが解決される場合」の効果である連結の(自動β)の解決よりも前に「封獣 ぬえ」を冥界に落とせることになる。手札・場・冥界に「聖 白蓮」しかない場合でも連結を狙えるため、出しやすさがだいぶ変わる。
とはいえ、黄泉の舟による素材の確保と違い即座に解決してしまうため、相手にその「封獣ぬえ」を目標に無縁塚古の記憶で対処する機会を与えてしまうという弱点がある。また「聖 白蓮」のサーチ手段が乏しい点にも注意が必要である。

(自動α)のほうは使い捨てタイプのスペルカードを使用後、そのカードを幻夢という裏向きキャラクターに変える。
場のアドバンテージが取れてスペルが腐りにくくなり、戦闘力もそこそこあるため戦闘にも役立つ。鵺符『鵺的スネークショー』等のキャラ展開スペルや死符『ギャストリドリーム』等の除去スペルと一緒に使うと良いだろう。

関連


※発動期間が「瞬間」であるスペルカード
+ ...