※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《ゾンビごっこ》

No.742 Command <第九弾
NODE(2)/COST(1)
効果範囲:目標のカードに及ぶ効果
発動期間:瞬間

目標の〔あなたの冥界にある「種族:妖精」を持つキャラクターカード1枚〕を
あなたの場にスリープ状態で出し、〔このカード〕をセットする。
このカードは以後、以下の効果を持つ呪符カードとして扱う。

「(自動α):
  〔このキャラクター〕は「種族:幽霊」を得る。

 (自動γ):
  〔このキャラクターにセットされている「ゾンビごっこ」〕が破棄された場合、
  〔このキャラクター〕を破棄する。」

「ルナったら似合いすぎ!」
「半日かけてメイクした甲斐があったわね」

Illustration:黒鴉

コメント

妖精限定のお手軽リアニメイトカード。
(自動α)効果の幽霊を得る効果は元の種族を書き換えるわけではないので、妖精を指定するサポートカードの恩恵を享受できる。
このカードのおかげで他の妖精と必要ノードの離れているチルノ/7弾も手軽に場に出せる。

また、セットされるまでは呪符ではないという点もポイント。
八坂 神奈子/5弾のスリープ効果によって除外される心配も無い。

このカードの運用で一番悩ましいのは、優秀なキャラクターのそろっている妖精の中の誰を拾うかという点である。
場にある程度展開できているなら大妖精/9弾辺りで勝負を決めに行くのが無難であろうか。

なんにせよ、妖精を主体とするデッキならば「とりあえず」で3枚積んでおいても必ず活躍してくれるカードだろう。

  • イラストではルナチャイルドが呪精/PRをゾンビのメイクをして怖がらせているが、メイクのベースは呪精/5弾となっている。つまり呪精のメイクで呪精を怖がらせるという、文面だけではおかしな状況になっている。


関連