※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《雲外蒼天》

No.744 Command <第九弾
NODE(3)/COST(0)
効果範囲:プレイヤー、手札、デッキ、冥界に及ぶ効果
発動期間:瞬間

【相手ターン制限】

 この干渉終了時に、〔あなたのデッキの上のカード10枚〕を見て、必要ノードとコストの合計値がX以下のカード1枚を抜き出し、相手プレイヤーに見せてから手札に加えてもよい。Xはあなたがこの干渉中に受けたダメージの合計値に等しい。その後、デッキをシャッフルする。

(自動β):
 あなたが1ターンの間に合計で10以上のダメージを受けた場合、手札にある〔このカード〕を破棄してもよい。破棄した場合、この干渉終了時に現在のフェイズを終了し、〔あなた〕はライフポイントを10得る。

「総領娘様、まだまだこれからですよ!」

Illustration:朱シオ

コメント

「東方緋想天」の会話曲の題名を冠したコマンドカード。サーチと回復という2つの能力を保有する。
どちらも自身のダメージに対して起動するため、基本的にどんなデッキにも投入できる。

プレイした時の効果はデッキの上から10枚を見て、受けたダメージ以下の必要ノードとコストの合計値を持つカードを手札に加える効果。
10枚見るので香霖堂よりも欲しいカードを持ってこれる可能性が高い。ただし、Xの値は1回の干渉内で受けたダメージに限定されているので、サーチ出来るカードはノードの軽いものになりがち。

(自動β)は、10点以上ダメージを受けるとライフポイントを10点回復できることが出来る効果。
プレイでは無いのでプレイを無効にするタイプのカードでカウンターする事が出来ない他、自動効果には干渉タイミングが存在しないのでカードを干渉して対策するといった事も出来ない。1ターンに10点以上のダメージを迂闊に与えられないのはビートダウンワンショットにとって脅威となるだろう。
ライフポイントを回復するタイミングが干渉終了時となっているが、ライフポイントが0で敗北するタイミングが全ての干渉解決後のため、手札からこのカードを破棄した時点で自動効果が待機状態になり、この効果を解決しなければ全ての干渉を解決した事にならないからである。

また、【相手ターン制限】はプレイの制限を指す。そのため、(自動β)効果に限り、自分ターン時も使用することが可能。
例えば、新史『新幻想史 -ネクストヒストリー-』を使った後にリリーブラック/1弾をプレイしたり、ボーダーオブライフで5枚のカードを手札に戻したり。後者の場合、相手ターンに行えばフェイズのスキップと手札の補充が一気に行えるため、ギミックの一つとして覚えておくと役に立つ。
干渉終了時にフェイズが終了するのは同じ。フェイズ終了前にダメージを受けた後に解決するのが望ましい。スーサイド系のカードの補助として検討の余地はある。

  • 必要ノード・コスト「‐」については特に明記されていない為0として扱う。よって、例え1ダメージしか受けていない場合でも弐符キャラクターなどを手札に加える事が出来る。
  • 「雲外蒼天」とはどんな困難も努力すれば乗り越えられるという意味の四字熟語。ピンチをチャンスに変えるこのカードにはピッタリの名前だろう。


公式Q&Aより

  • Q 336. ライフポイントが0になり敗北するのは干渉の終了時ですか?
  • A 336.いいえ、干渉の終了時の効果まで全て解決した後です。


関連