※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《精神統一》

No.755 Command <第九弾
NODE(4)/COST(3)
効果範囲:その他
発動期間:装備

【装備/場】 抵抗(3)

(自動β):
 〔このカード〕がプレイされて場に出た場合、〔あなたのデッキ〕を全て見て、スペルカード1枚を抜き出し、表向きにして〔このカード〕にセットする。その後、デッキをシャッフルする。

(常時)0:
 あなたの場に名称に「A」を含むキャラクターがいる場合、〔このカード〕を破棄し、〔このカードにセットされているスペルカード1枚〕をあなたの手札に加える。その後、ターン終了時まで>〔名称に「A」を含む、プレイされているあなたのキャラクターカード、及び、あなたの場のキャラクター〕は相手プレイヤーのカードの効果の対象にならない。Aはこのカードにセットされているスペルカードの術者に等しい。

「真実は眼では見えない、耳では聞こえない、真実は斬って知るものだと、お師匠様に教えられてきたの」

Illustration:会帆
(テキスト修正有り@2011/02/09)

コメント

スペルカードのサーチを行う、魔法研究の亜種。
条件付きで即座に手札に入れられ、プレイされているキャラクターカードおよびキャラクターを守る効果を持つ。

基本的に、起動効果を使用するまで、このカード自体は置物である。

起動効果を使用すると、まず、精神統一を破棄し、これにセットされているスペルカード1枚を手札に加えることになる。
次に、「名称に「A」を含む、プレイされているあなたのキャラクターカード」および「名称に「A」を含む、あなたの場のキャラクター」が相手プレイヤーのカードの「対象にならない」効果を得る。(名称に「A」を含む、は両方にかかる)
このとき、Aはセットされていたカードの「術者」の欄にある名前である。
使用条件の関係でAが場に出ていないとただの1枚分のデッキ圧縮にしかならない。サーチ自体はどのスペルカードでも問題ないが、術者がデッキに入っているスペルカードを選択しよう。

効果自体は常時使用できるため、相手ターンに術者やプレイされているキャラクターカードに影響が出た場合でも干渉で使用できる。ただし、いずれの場合も、起動効果使用→相手側干渉で術者を破棄する効果、と解決されると条件が満たせなくなる。このカードを使用する条件が整っても、効果を解決するまでは油断しないよう、多少カウンターを握っておくといいかもしれない。

なお、表向きでセットされるため、連結持ちのカードを持ってくるのには向かない。


関連