※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《格納兵器》

No.760 Command <第九弾
NODE(6)/COST(X)
効果範囲:プレイヤー、手札、デッキ、冥界に及ぶ効果
発動期間:瞬間

【相手ターン制限】

 〔あなたのデッキ〕を全て見て、〔種族を持たないキャラクターカードX枚まで〕を抜き出し、あなたの場にアクティブ状態で出す。但し、抜き出すキャラクターカードの必要ノードの合計値は8以下でなければならない。その後、デッキをシャッフルする。

「逝くなのです。じゃなくて、いくなのです!」

Illustration:ideolo

コメント

戦車シリーズの使用を意識したカードデザインだが、実は多くの人形キャラクターや玄爺/9弾も出せる仕組みになっている。

N6C3の飛行戦車イビルアイΣ/9弾を、N6C1から展開できるため、里香/9弾を中心としたデッキなら確実に噛み合う。もう1コスト支払えば、ふらわ~戦車/9弾も同時に展開できる。

ノードの合計値は8以下という指定があり、払ったコストが枚数になるため、最大8コストによる8枚展開となる。相手ターン制限も付いているため対策を取られやすいが、戦車関連なら起動効果でフォローできるため、展開用だけではなく防御用としての運用も可能。

アリスを中心とした人形デッキでも、コストはかかるものの展開のサポートに使用できる。種族を持つメディスンや雛は出せないが、藁人形等防御用のキャラクターを用意できる。魔符『アーティフルサクリファイス』等の弾丸補充用にも使える。

もっとも、このカードで出せる人形は基本的に0コストで、さらにプレイに付随する効果を持つものが多いため、数を揃える目的以外で人形を参照する使い方はコストパフォーマンスが悪い。デッキからのサーチであるため、圧縮目的で採用できなくもないが、莫大なコストの問題を解決する必要がある。


関連