※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《幻想「第一種永久機関」》

No.726 Spell <第九弾
NODE(4)/COST(3) 術者:八雲 紫
効果範囲:その他
発動期間:世界呪符

【世界呪符】

(常時)(1)(S):
 〔このカードにセットされている表向きの装備カード、または呪符カード1枚〕を〔あなた〕がプレイしたものとして解決する。

(自動γ):
 〔あなたの場の装備カード、または呪符カード〕が破棄された場合、冥界に置かれる代わりに〔このカード〕にセットする。

外部からのエネルギー供給を一切必要とせず、永久に稼動し、エネルギーを発生させる機関。

Illustration:瀬尾辰也

コメント

八雲 紫のスペルカード。
装備・呪符を再利用できる。

装備や呪符の、「セット先のキャラクターが場を離れると破棄されてしまうためアドバンテージを失いやすい」という欠点をある程度フォローできる。単純な強化カードはもとより、転覆『道連れアンカー』散弾アンブレラのような破棄される前提の効果を持つカードにとって、これは大きいだろう。

起動効果では、どれだけ重いカードでもわずか1コストで使用できる。5コストかかる離反工作あたりが美味しいか。この効果を適用するための条件は
  • 「表向きである」
  • 「装備カードである、または呪符カードである」
の2つ。

永久機関自体はキャラクターではないため、カードのセットは基本的には自動効果を頼ることになるだろう。この効果を適用できる対象は
  • 「あなたの場のカードである」
  • 「装備カードである、または呪符カードである」
を満たしているカード。表裏は関係ないが、裏向きの場合セットは出来ても起動効果は使用できない。
あなたが本来のプレイヤーであるカードでも、相手の場から破棄される場合には回収できない。逆に、相手が本来のプレイヤーであるカードでも、あなたの場から破棄される場合には回収できる。秘術『グレイソーマタージ』などを扱う際には頭に入れておくといいだろう。


十六夜 咲夜/5弾と組み合わせると、装備・呪符を使いまわすことができる。プレイされて場に出た場合、という(自動β)を持つカードと組み合わせることで、そうした効果を使い放題となる。

  • IR-11.2.2より、第一種永久機関にセットするときはあらためて「場に出る」ものとしては扱われない。カードは場を離れた扱いになっていない。「場に出た場合」「場に出る場合」の自動効果などは発生しない点に注意。
  • 破棄自体は無効にしていないため、それを条件とする自動効果などは通常通り発生する。
  • プレイしたものとして解決するときに(1)コストを使用するので、第一種永久機関ではない。何気にこれは原作通りだったりする。第一種永久機関は幻想郷においても幻想なのである。


公式Q&Aより

  • QA-334.No.726 幻想「第一種永久機関」の自動効果で、装備(呪符)カードして扱われている裏向きのカードが破棄された場合、このカードにセットされますか?
  • A.はい、裏向きのままセットされますが、装備(呪符)カードとしては扱われず、なんの効果もない裏向きのカードとなります。(参考:IR-11.2.2.a)
    • コメント
      • 総合ルールの改正により数度裁定が変わっている。
        「元の領域に属さなくなる」よりも前に、「置く代わりに」という効果を処理する。すなわち、場から場への移動となる。カードの縦横・表裏などの状態は変わらないが、付与された情報は失われる。

  • QA-344.
    No.726 幻想「第一種永久機関」で、本来の記述として「装備」や「呪符」を持たないカードが「装備(呪符)カード」としてセットされていた場合、起動効果で解決されるのは本来の効果ですか?
  • A.
    はい、カードの表側を解決します。
    (参考:IR-5.3.2)
    • コメント
      • プレイしたものとして解決する効果のルールより。ただし、冥界に「置く代わりに」このカードにセットされたカードは情報を失うため、質問のようなケースは稀。また、それらのカードが裏向きの場合は起動効果の対象に指定できない。


関連