※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《怨み念法「積怨返し」》

No.709 Spell <第九弾
NODE(5)/COST(1) 術者:水橋 パルスィ
効果範囲:目標のカードに及ぶ効果
発動期間:呪符

【呪符】 抵抗(3)

(自動γ):
 あなたのターン開始時、あなたの手札、ノード、場のカード枚数の全てが相手プレイヤーより少ない場合、〔このカードにセットされている「積怨返し」1枚〕をあなたの場にアクティブ状態でセットする。このカードは以後、以下の効果を持つキャラクター「魑魅魍魎(GRAZE0、10/10、種族:妖怪)」として扱う。

「(自動α):
  〔このキャラクター〕は相手プレイヤーのカードの効果の対象にならない。」

復讐の為の黒魔術。自身を劣勢に追い込んだ相手に対し、陰惨な報復を行う。

Illustration:影吉郎
テキスト修正@2011/02/09

コメント

漫画「魔太郎がくる!!」の主人公、浦見魔太郎が復讐に使う魔術「うらみ念法」が妬ましくもスペルになった。妬ましい。

場のキャラに貼り付けて相手を威嚇する。このカードは呪符なので流行神の壺細綱『カンダタロープ』等で守ってあげるといいかもしれない。

効果としてはターン開始に手札もノードも場のカードも、相手のそれより少なかったら、このカードを魑魅魍魎として場にアクティブでだすというもの。
でてくるモノに比べたら出現条件は割りと楽ではある。

たとえば手札にパペットリッターを持った状態で相手のドローフェイズ前に大将棋を張ってあげたり運命操作を使用したりなどすればそれなりには繰り出せそうである。

  • テキスト修正前は「このカード」だったので、セット先のキャラクターが魑魅魍魎と化すことになっていた。


関連