※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《八雲 紫》

No.691 Character <第九弾
GRAZE(3)/NODE(6)/COST(2) 種族:妖怪

 抵抗(2)

(自動γ):
 〔このキャラクター〕が戦闘を行う場合、〔このキャラクターと、このキャラクターと戦闘を行う相手キャラクター〕をゲームから除外してもよい。

(常時)(2):
 あなたの場に「八雲 藍」がいない場合、〔あなたのデッキ〕を全て見て、「八雲 藍」1枚を抜き出し、あなたの場にアクティブ状態で出してもよい。その後、デッキをシャッフルする。この効果で場に出た「八雲 藍」は、ターン終了時にデッキの下に戻る。この効果は1ターンに1度しか使用できない。

攻撃力(5)/耐久力(6)

「別に貴方達が私に勝つ必要はありません。 そもそも無理な話です」

Illustration:仄柑

コメント

中堅クラスの戦闘力と二つの能力を得て帰ってきた八雲 紫。
戦闘が条件の道連れ能力と、「八雲 藍」を呼び出す常時効果がある。

自動効果は戦闘を行う場合の効果であるため、基本的に防御宣言時に使用することになる。戦闘開始前に除外できるため、貫通持ちのフィニッシャーからの直撃を受けずに守ることができる。
ただし、せっかく出した大型キャラクターを犠牲にしてしまう効果なので、上記のような状況にならない限りは出来るだけ狙わない方が良いだろう。

常時効果については、「八雲 紫」を参照する八雲 藍/1弾を運用するのが望ましい。除去耐性を持ち戦闘力が8/10となる1弾藍なら、アタッカーとしてもブロッカーとしても役に立つ。式神『八雲 藍』の術者であることから、それを引いてくるまでの繋ぎとして使うのが基本になるだろう。デッキの下に戻るため、先に引いてしまうという事故が減る。

ちなみにエンパシーの対象となるカードでもある。エンパシーの対象となるのはこのカードと八雲 藍/1弾のセット。このカードの真価を発揮したいのならばエンパシーを採用してみよう。
戦闘においてほぼ無敵の5/6とアンタッチャブル持ちの8/10が並ぶだけでも強力だが、このカードは式神『八雲 藍』八雲 藍/1弾をさらに呼び出す事が出来るからだ。

連結を持つ幻想の結界チームを除くと「八雲 紫」の中では最も軽いため、彼女を中心とした八雲デッキの選択肢となる。純粋な戦闘力で勝る八雲 紫/1弾か、コントロール能力に優れる符ノ壱“八雲 紫”符ノ弐“八雲 紫”か、コンボに組み込みやすい八雲 紫/9弾か。
強力な効果と扱いやすさを誇る八雲 紫/9弾を採用するプレイヤーが多いとはいえ、構築に頭を悩ませるのもカードゲームの楽しみの一つだろう。



関連


※名称に「八雲 藍」を含むカード

※「八雲 紫」を参照するカード