※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《古明地 さとり》

No.689 Character <第九弾
GRAZE(2)/NODE(5)/COST(3) 種族:妖怪

抵抗(1)

(自動α):
 あなたの場に「古明地 こいし」がいる場合、〔このキャラクター〕は相手プレイヤーのコマンドカードの効果の目標にならない。

(自分ターン)(0):
 〔あなた〕はカードの種類を1つ宣言する。その後、目標の〔相手プレイヤーの場の裏向きのカード1枚〕を破棄する。破棄したカードの本来の種類が、あなたが宣言した種類と同じだった場合、そのカードを裏向きにしてこのキャラクターにセットする。この効果は1ターンに1度しか使用できない。

(常時)(1):
 〔このキャラクターにセットされている裏向きのカード1枚〕を破棄する。その後、そのカードをあなたがプレイしたものとして解決する。但し、タイミングが正しくないカードはプレイできない。

攻撃力(4)/耐久力(5)

「私には見える。心を読む第三の目があなたの心象を映し出す!」
(PR.083:「私の三つ目の目は、貴方の考えている事を嫌でも教えてくれるのよ」)

Illustration:三日月沙羅 (PR.083:豊田えり)
エラッタ@2011/02/09

コメント

想起『テリブルスーヴニール』と同コストになって帰ってきた古明地姉妹の姉。
このおかげで術者としての有用性が高まった。

戦闘力は同コスト帯と比べて攻撃向きとは言い難い。5ノードで出るキャラクターの中では標準クラスだが、1コスト高く設定されているために考えなしに出すことは難しいだろう。
効果は積極的に用いるならばパペットリッター鬼火『超高密度燐禍術』などと組み合わせるといい。また、霧雨 魔理沙/9弾封獣 ぬえ/PRに対しても有効で、環境の推移に応じてデッキへ投入する価値は変わってくるだろう。
ただし、後者の用い方をするならば封獣 ぬえ/PR伊吹 萃香/9弾の方が汎用性は高い。

また、チルノ/11弾の登場により相手の場のキャラクターも自由に奪えるようになった。相手のキャラクターを奪うにはいささか遠回りな方法だが一般的な奪取に比べデメリットが無いのが利点である。記憶『DNAの瑕』により毎ターン発動することができる。
このように若干コストに見合わない戦闘力にやや使いづらい効果ではある。
自身が術者となるスペルカードのほとんどが3コスト以上と非常に重たく、それらを積極的に運用するには彼女の投入が不可欠になってくるため、基本的には想起『テリブルスーヴニール』想起『恐怖催眠術』の連続使用に耐えうる術者として投入されることがほとんどだろう。古明地 さとり/5弾よりもリスクが少なくなったため、高コストスペルを詰め込んだ「さとり砲台」デッキも夢物語ではない。

能力の補助として遠眼『天狗サイコグラフィ』疵痕『壊されたお守り』厄符『厄神様のバイオリズム』といったカードと相性がよく、特に遠眼『天狗サイコグラフィ』はさとりを運用する上で必須といっていいほどの高いシナジーを有する。
また新難題『エイジャの赤石』をこのカードにセットすれば常時効果がノードの続く限り使い放題になる。これに本能『イドの解放』を加えることによってデッキが無くなるまでカードをプレイするという事も出来る。

ちなみに、エンパシー古明地 こいし/9弾と共に場に出すことが可能。その場合、古明地 こいし/9弾の能力が発生しない代わりに相手の禁忌『フォービドゥンフルーツ』情報戦等に干渉して非公開情報を守ることが出来る。
またこのカード自身も(自動α)により、緋想の剣に近い効果を得ることができる。古明地 こいし/5弾奇襲を所持しているため、この効果が活躍する機会は多い。

  • 2011/02/09に施行されたエラッタにより、挙動が大きく変わった点に注意。セットするときに裏向きのままとなり、破棄できるカードが裏向きカードに限定された。これにより古明地 さとり/9弾2枚と葉団扇による無限アタックなど、出来なくなったプレイングがある。


関連