※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《霊烏路 空》

No.683 Character <第九弾
GRAZE(2)/NODE(4)/COST(2) 種族:妖怪/獣

(自動α):
 〔あなたの場の表向きのキャラクター全て〕の必要ノードは+2される。

(自分ターン)(1)S:
 目標の〔あなたの場のカード1枚〕を破棄する。その後、〔必要ノードがX以下のキャラクター1枚〕を決死状態にする。Xはあなたが破棄したカードの必要ノードに等しい。この効果では「-」は8として扱う。

攻撃力(4)/耐久力(4)

「究極の核融合で身も心も幽霊も妖精もフュージョンし尽くすがいい!」
(SP-15:「地上は核の炎で溶かし尽くされる。貴方は、その前哨戦を担える器を持っているの?核融合に見合った強大な力を!」)

Illustration:とり(SP-15:cercis

コメント

他に類を見ない必要ノード上昇効果と、空らしく複数のカードを巻き込む除去効果を得て再び収録された地獄鴉。
以前より軽くなり、コスト対ステータスのバランスも良くなり非常に使いやすくなっている。

(自動α)は自分の場の全ての表向きキャラクターの必要ノードを2増やす。これにより「必要ノードが○○以下」と指定する効果の多くに耐性を持たせることが可能になる。
西行寺 幽々子/5弾をはじめ、春乞いの儀式恐ろしい波動鬼声『壊滅の咆哮』などの強力な除去の多くに効果があるため強力。
ちなみに重複するので複数枚このカードを並べることによって自身の場の必要ノードを大きく引き上げることが出来る。これは後述の起動効果にも有用である。

起動効果は、自分の場のカード1枚と引きかえの除去。破棄する自分の場のカードは目標だが、決死状態にするキャラクターの選択は対象という点が強力である。
キャラクター効果へのメタとして有名な暴かれた陰謀少女密室で防げないだけでなく、古明地 こいし/5弾等の持つ「目標にならない」効果で防ぐ事も困難である。
自分の場のカードであれば何でも良いため、相手に使われた秘術『グレイソーマタージ』満月の爆発などを破棄した上で相手のキャラクターを決死状態にすることも可能である。
加えて(自動α)のおかげでキャラクターを破棄するのであれば必要ノードが2多いカードをも決死状態にでき、いざとなれば自分自身を破棄する事も可能なため、アドバンテージを稼ぎやすい。

ただし、高ノードキャラクターの除去にはそれなりに高いノードのカードを犠牲にしなければならない。このあたりは別のカードでのフォローが必要になる。それらには自身のスペルカードである熱符『ブレイクプロミネンス』が有効な場面が多いだろう。
また、強力な除去効果とはいえ、使用にはカードの破棄と(1)コストの支払いが必要。神の加護のような防御カードを使われると大きなディスアドバンテージになるので警戒したい。

多少相手に依存するものの、表向きで相手カードを奪える稗田 阿求/7弾花果子念報とは相性がいい。両者とも牽制として機能する他、(自動α)の対象にはならないものの起動効果の弾を相手からノーコストで調達することができる。
稗田 阿求/7弾は起動効果で破棄したカードを再び相手冥界から調達するサイクルが可能である。いざとなれば必要ノードの上がっている稗田 阿求/7弾自身を射出すればいいのでスキも少ない。花果子念報は阿求に比べると受動的かつサイクルが不可だが、比較的ノードの高いコマンドやスペルも奪えることもあり、装備/場なので除去されにくいというメリットを有する。
他にも毒符『樺黄小町』などは相手キャラクターの除去として使えるだけでなく、覚醒などで回避された場合はキャラクター扱い毒符『樺黄小町』自体を射出することでノード8までのキャラクターを決死状態に出来る二段構えとなる。術者である黒谷 ヤマメ/9弾を始め、全体的にこのカードはヤマメのカードとの相性が良い。

  • 「裏向きのカード」は指定されていないかぎりノードとコストが0であり、「-」ではないことに注意。
  • 必要ノードが自身の効果で6に上昇しているため、ちゃんと八咫烏を装備する事が出来る。空のファンデッキなら忘れずに装備しよう。


関連