※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《大妖精》

No.668 Character <第九弾
GRAZE(1)/NODE(2)/COST(1) 種族:妖精

(自動α):
 〔あなたの場の「種族:妖精」を持つキャラクターすべて〕は「戦闘修正:+1/+1」を得る。

攻撃力(1)/耐久力(1)

「・・・どうしても、戦うしかないのね」

Illustration:まき

コメント

1弾以来久々のリメイクとなった名も無き大妖精。
そのフレーバーテキストとは正反対の好戦的な(自動α)を持つ。

リメイク前に比べてノード、コストが上がってしまい、なおかつ戦闘力は全く変化していないように見えるが、その(自動α)が非常に強力である。
妖精限定の神術『吸血鬼幻想』とも言えるこの全体パンプアップ効果は、数を並べて勝負する妖精デッキと相性ぴったり。ルナチャイルド/9弾スターサファイア/9弾が4/3、呪精が3/4となり、なおかつルナチャイルド/9弾が場に入ればその(自動α)によってコンバットトリックとしての使用も可能。
さらに、自らも自分自身の(自動α)によって強化され、不意打ちのような1点火力では落ちないというおまけ付き。

そして特筆すべきは、「この効果は重複しない」の一文がないことだろう。要は2体並べば全体に+2/+2。もし3体全て出すことができたなら、他のキャラクターが居なくとも4/4のアタッカーが3体並ぶことになる。手札からはルナチャイルド/9弾、デッキからはスターサファイア/9弾、冥界からでもゾンビごっこと、妖精を場に出す手段は豊富なため、相手にとっては非常にうっとうしいキャラクターになることは間違いないだろう。


関連