※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《比那名居 天子》

No.694 Character <第九弾
GRAZE(3)/NODE(6)/COST(3) 種族:天人

伝説

(自動β):
 〔このキャラクター〕がプレイされて場に出た場合、〔あなたのデッキ〕を全て見て、「緋想の剣」1枚を抜き出し、このキャラクターにセットしても良い。その後、デッキをシャッフルする。

(常時)(1)(S):
 目標の〔あなたの冥界にある「要石」1枚〕をゲームから除外する。その後、目標の〔相手プレイヤー1人〕に5ダメージを与える。

攻撃力(4)/耐久力(4)

「空の空気も、地の安定も、人の気質も、私の掌の上」

Illustration:雨宮結鬼

コメント

比那名居 天子/5弾のリメイクカード。
デッキから「緋想の剣」をサーチしてセット出来る自動効果と、冥界の「要石」を除外する事で相手プレイヤーにダメージを与える起動効果を持つ。

前回よりかなり小型化されており、装備が前提で単体では無力に等しい。
しかし、緋想の剣のセットに成功すれば7/7の戦闘力とコマンドカードの対象にならない効果を獲得できるのは非常に強力。問題としては緋想の剣神器なので汎用性がそこまで高くない点だろう。

今回は主に術者としてデザインされており、特に能力の関係上、要石『天地開闢プレス』と相性がいい。要石『天地開闢プレス』で5点叩きこんだ後、常時効果要石『天地開闢プレス』を除外すれば計10点を叩き出せるのだ。

同弾に収録された要石『カナメファンネル』との相性も良い。自身の効果で緋想の剣をセットし、さらに要石『カナメファンネル』を一緒に組み合わせるとスペルカードコマンドカード対象にならないという鉄壁の守りが完成する。
ただし要石『カナメファンネル』アンタッチャブル効果は冥界の「要石」を除外する必要があり、要石『カナメファンネル』のダメージ効果も冥界の「要石」の枚数を参照しているので、このカードと微妙にアンチシナジーを形成している点には注意。

また弾をコマンドの要石とし、宇佐見 蓮子/7弾マエリベリー・ハーン/7弾のコンボで要石を回収すれば何度でも使用可能になる。継続的に5点を叩き出せるとすると、これは強い。



関連


※名称に「緋想の剣」を含むカード

※名称に「要石」を含むカード

※「比那名居 天子」を参照するカード