※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《戦闘を行う相手キャラクター》/用語


解説


コメント

主に、キャラクターの持つ自動効果のテキストに登場する用語。

『これと戦闘を行う「相手プレイヤーのキャラクター」』を意味する。
『「これと戦闘を行う相手」であるキャラクター』ではない。

(Q&A的な何か 2010/10/23更新分)

通常のゲーム進行では、それと戦闘するキャラクター=相手プレイヤーのキャラクターであることがほとんどであるため気にする必要はない。
この定義が意味を持つのは、例えば幻惑『花冠視線(クラウンヴィジョン)』を使った場合などである。

幻惑『花冠視線(クラウンヴィジョン)』でキャラクターAが攻撃する先は、
そのキャラクターのプレイヤーPである。
それに対しPが、自身の場のキャラクターBでAの攻撃を防御したとする。
AとBが戦闘するが、Aから見てBは「相手プレイヤーのキャラクター」ではない。
このため、Aの持つ〔戦闘を行う相手キャラクター〕を対象とするような効果あるいは参照する効果は解決に失敗する。

例えばAが八坂 神奈子/3弾だったとすると、
(自動γ):
 〔このキャラクター〕が戦闘を行う場合、
 〔戦闘を行う相手キャラクターにセットされているカード全て〕を、戦闘開始時に破棄する。
 破棄した場合、〔相手プレイヤー〕はXダメージを受ける。
 Xはこの効果で破棄したカードの枚数の2倍に等しい。
という効果は解決に失敗する。