※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《祟り神の薫陶》

No.659 Command <Special Collection Vol.6
NODE(3)/COST(1)
効果範囲:プレイヤー、手札、デッキ、冥界に及ぶ効果
発動期間:瞬間

 〔あなたの手札にある「連結」を持つカード1枚〕を破棄しても良い。破棄した場合、〔あなた〕は3ドローする。

「魔法が使えた…!」
「もっと修行しなさい、魔理沙」

Illustration:gisyo

コメント

連結カードを3ドローに変換するカード。

普通に考えても1コストで手札が1枚増えるので強力。
実際は大きく手札交換を行うので見た目以上にアドバンテージを稼ぐ事が出来る。

もっとも、これだけでは連結の機会を捨てるだけになるので、キャラクターならば秘密結社二つの炎、スペルカードならば想起『テリブルスーヴニール』運命の輪を利用し、無駄なくデッキを回したい。
また、想起『うろおぼえの金閣寺』龍魚『龍宮の使い遊泳弾』のように自身も連結素材に出来るカードを冥界に落とすという使い方もある。他にも心霊の火車チームのように冥界にある事で真価を発揮するカードと組み合わせてみるのも面白い。
条件付きのドローカードは腐りやすいのが問題ではあるが、このカードは倫敦人形というサーチカードと組み合わせられるため、比較的安定性が高い。倫敦人形がエラッタを受け弱体化してしまったものの相変わらず強力で、このカードは相手ターンにもプレイできるため上海人形強引な取引を引いてしまった、というようなことも起こらない。非常に高いシナジーを持つと言えるだろう。


  • 2012/03/09にテキスト修正され、手札の破棄が強制ではなくなった。
    • 恐ろしい波動もそうだが、修正前は手札に連結カードがない状態でプレイした場合、無いことをジャッジなどに確認して貰う必要があったためである。これにより運命のダークサイドを干渉でプレイされた場合でも破棄しないことを選択すれば致命傷を回避できるため、純粋に強化されたといえる。
  • 2013/04/03にエラッタを受け、コストが(0)→(1)に増加した。


関連