※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《流れ行く者》

No.650 Command <Special Collection Vol.5
NODE(5)/COST(0)
効果範囲:プレイヤー、手札、デッキ、冥界に及ぶ効果
発動期間:瞬間

【相手ターン1枚制限】

 〔あなたの手札にある「連結」を持つキャラクターカード1枚〕を公開しても良い。公開した場合、〔あなたのデッキ〕を全て見て、公開したカードが場に出る場合に除外するキャラクターカード1枚を抜き出し、(X)支払いあなたの場にスリープ状態で出しても良い。Xはこの効果で場に出すカードのコストに等しい。その後、デッキをシャッフルする。

「輝夜は自分のやりたい事だけすればいいのよ。もしやりたい事が無ければ、やりたい事を探す事を仕事にしなさい」

Illustration:羽瀬ななせ

コメント

公開した連結キャラクターの元になっているキャラクターを、そのコストを支払いデッキから直接場に出すことができる。

ノード数は無視できるがコストはそのまま払うことになるため、レミリア・スカーレット/1弾等のような重量級を出す場合は残りノード数に注意が必要。逆に弐符キャラクターはコスト0で出せるため、状況が揃っているならばスペルブレイクを起こすことも可能。

相手ターンにしか使用できないのと、解決時に手札に連結がないといけないので、情報戦には注意!

  • 2014/06/20付でテキスト修正を受け、手札にあるカードの公開が任意となった。これにより手札に連結を持つカードがない場合の処理が明確になった。
    • 恐ろしい波動のそれと同じテンプレートの修正であるが、こちらの修正はそれに3年遅れてのものとなった。


関連