※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《新難題「ミステリウム」》

No.645 Spell <Special Collection Vol.5
NODE(5)/COST(3) 術者:蓬莱山 輝夜
効果範囲:目標のカードに及ぶ効果
発動期間:装備

【連結(装備カードを2枚)】

【装備】 隠密

(自動α):
 〔このキャラクター〕は「戦闘修正:「+X/+Y」を得る。XとYはゲームから除外されているあなたの装備カードの「戦闘修正:+X/+Y」のそれぞれの合計値に等しい。

(自動β):
 「ミステリウム」がセットされた場合、〔セットされたキャラクター〕をスリープ状態にする。

(自動γ):
 〔このキャラクター〕が決死状態になった場合、ゲームから除外されているあなたの装備カード1枚を冥界に移しても良い。移した場合、このキャラクターにセットされている「ミステリウム」1枚を手札に戻す。

元素融合により生じた未知の物質。

Illustration:Dai

コメント

【連結】(ユニオン)を持つスペルカード
隠密および、自動効果による高い戦闘修正を得られる装備

装備であれば何でもいいという気軽さで出せる上、装備しているキャラクターが決死状態になった場合、このカードを回収できるというリサイクル機能付き。それも、除外されている装備1枚を冥界に戻すだけで良く簡単である。
装備をもう1枚用意することで再び連結することが可能。

セットされた場合にスリープ状態になるのが玉に傷だが、神槍『スピア・ザ・グングニル』のようにスリープ状態のキャラクターにセットすれば何の問題もない。

ただし戦闘修正そのものは除外されている装備カードに依存するので、無縁塚などで積極的に除外しない場合は【連結】(ユニオン)で除外した2枚の装備だけの戦闘修正の合計となる。
このため、戦闘修正の高い神器を素材とするのが望ましい。例えば神槍『スピア・ザ・グングニル』2枚を素材とすれば、攻撃力を14も上昇させることができる。
逆に、前述の無縁塚を併用すれば、戦闘力が20/20を突破することもある。

また、術者が蓬莱山 輝夜である点も心強い。神器装備は、彼女を術者とするものがゲーム中最多数であり、組み合わせが容易だからである。また、五つの難題で容易にユニオン素材の調達が可能。その起動効果干渉タイミングで神器を輝夜に移せる面からも、かなり相性が良いと言える。この場合「セットする」ではなく「移す」であるためスリープ状態にならないため即攻撃することが可能である。五つの難題にこのカードをセットする場合、五つの難題にセットするカード以外から素材を調達しなければならない点に注意。

このように状況さえ整えれば今までの神器を上回る程の強力な性能でありながら、神器ではないのが、このカード最大の魅力である。森近 霖之助/1弾天狗の小槌によるサポートがなくても誰でも簡単に装備できる。
仕事を終えた玉兎にセットすればそのままフィニッシャーとなることも可能。



関連