※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《不滅の敵愾チーム》

No.642 Character <Special Collection Vol.5
GRAZE(3)/NODE(7)/COST(3) 種族:人間

【連結(「蓬莱山 輝夜」+「藤原 妹紅」)】

伝説

(自動γ):
 〔このキャラクター〕が相手プレイヤーのカードの目標になった場合、〔相手プレイヤーのデッキの上のカード5枚〕を破棄する。

(常時)(1):
 〔相手プレイヤーの冥界の上のカード5枚〕を除外する。その後、この干渉終了時まで〔このキャラクター〕は、相手プレイヤーのカードの効果の対象にならない。この効果は1ターンに1度しか使用できない。

攻撃力(7)/耐久力(7)

「私達は死ぬ事が無い。貴方達が殺そうとしても無駄な事」
「お前のお陰でな…」

Illustration:井村屋あゆか

コメント

【連結】(ユニオン)を持つカードの一枚。
7/7という高めの戦闘力に加えて伝説を持ち、ふたつの効果で圧倒的な除去耐性を誇る。

1つ目は相手のカード効果の目標になった場合、相手のデッキを上から5枚破棄する(自動γ)効果。相手にこのカードを目標にするのをためらわせる。
2つ目は1ターンに1度相手の冥界のカードを上から5枚除外することで、この干渉終了時まで相手のカードの効果の対象にならない効果を得るというもの。

このふたつの効果により、死符『ギャストリドリーム』をはじめとしたプレイ時に目標をとるカードには滅法強い。1つ目の効果で相手のデッキのカード5枚を破棄し、2つ目の効果の除外コストを即座に埋めることができる。また、プレイ時に目標をとらないカードに対しても、相手の冥界にカードが5枚あれば効果対象にならずに済む。
しかし、1ターンに1度しか使えず、この干渉終了時までしか効果が持続しないことや、この効果に干渉することで対象にならない効果を得る前に解決することができる、相手の冥界に5枚のカードがないと対象にならない効果を得ることができない、など弱点も多い。
また、どちらの効果も禁弾『カタディオプトリック』で対処されてしまい、戦闘に関する効果がない、という欠点もある。また破棄されたカードが除外されてしまう結界『生と死の境界』とも相性が悪い。

単純にみれば強力だが対処法も少なくなく、このカードを使う側も使われた側も見極めが肝心。このカードを相手にする場合、禁弾『カタディオプトリック』に頼るか、それができなければ除去カードを2枚握ったり、戦闘で倒すしかないだろう。自身の冥界が5枚未満あらば目標をとらない除去でもいい。

能力の関係上、ライブラリアウト系のカードと相性が良く、相手の山札を削ることがそのまま耐性への強化につながる。
戦術などを持たず、コスト対戦闘力は普通なので、「蓬莱山 輝夜」でもあることから豊富な彼女の神器などで強化してやりたい。

  • 背景にあるイラストの炎が大迫力。横から見るだけでもカードの端が白く見えるので、一目でこのカードだと分かるほど。しかしながら「フレームレスカード」ではない。


関連