※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《流行神の壺》

No.628 Command <第八弾
NODE(3)/COST(1)
効果範囲:目標のカードに及ぶ効果
発動期間:装備

【装備】

(自動α):
 〔あなたの場のキャラクター〕の持つ「維持コスト」の効果は無効になる。

(自動γ):
 〔このキャラクター〕が決死状態になった場合、〔このキャラクターと、このキャラクターにセットされている「流行神の壺」〕をゲームから除外する。

(自動γ):
 〔このキャラクターにセットされている「流行神の壺」〕が破棄される場合、〔全てのキャラクター〕を決死状態にする。但し、〔全てのプレイヤー〕は(2)支払うたびに、この効果による自分の場のキャラクター1枚の決死状態を無効にできる。

「この壺の破片を里に持っていって廻れば、みんなの病気も治る筈よ」

Illustration:宮野えりな

コメント

自分の場のキャラクターの持つ維持コストの効果が無効になる装備。「無効になる」なので幻想生物にくっつけて維持コスト払わずに壺を破棄、なんてことはできない。
さらに【世界呪符】や【装備/場】の維持コスト踏み倒しには使えない。

通常、キャラクターカードは維持コストを持たないため、主に幻想生物の維持コストの踏み倒しに使われることになる。

一つめの(自動γ)により、セット先のキャラクターが決死状態になると、このカードと装備先のキャラクターの両方が除外されてしまうので注意。

また二つめの(自動γ)により、セットされているこのカードが破棄されたとき、全てのキャラクターが決死状態になる。


Q&Aより

  • Q305.「No.628 流行神の壷」をセットしているキャラクターが決死状態になった時、「流行神の壷」が破棄される場合の効果は解決されますか?
  • A305.いいえ、されません。セットしているキャラクターの決死状態の解決中に「No.628 流行神の壺」が効果によりゲームから除外されるため、破棄された場合の効果は解決されません。
    • コメント
      • これは「決死状態の解決」→「破棄の解決」へ移行する前に、「決死状態になった場合」の自動効果を解決するルールがあるからである。決死状態になった場合に2番目の自動効果で除外されてしまうため、破棄の解決は行われない。このため、3番目の自動効果は解決されない。
        3番目の自動効果は、流行神の壺自体が何らかの方法で破棄されるか、キャラクターが決死状態を経ずに破棄された場合のみ発生する。

  • Q319.場のキャラクターが手札やデッキに戻る場合、「このキャラクターにセットされている○○が破棄された場合」という効果は解決出来ますか?
  • A319.はい、出来ます。
(参考:IR-11.3.3)


関連