※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《恨弓「源三位頼政の弓」》

No.615 Spell <第八弾
NODE(6)/COST(3) 術者:封獣 ぬえ
効果範囲:目標のカードに及ぶ効果
発動期間:装備

【装備】 神器

(自動β):
 「源三位頼政の弓」がセットされたターン、以下の効果を使用する事はできない。

(自分ターン)(1):
 目標の〔プレイヤー1人、またはキャラクター1枚〕にXダメージを与える。Xはこのキャラクターの攻撃力に等しい。この効果は1ターンに1度しか使用できない。

攻撃力(+5)/耐久力(-5)

黒雲の中に妖しげな影を見つけた頼政が矢を放つと、黒雲は木立へ落下。断末魔の悲鳴を上げて絶命した。 ~平家物語
(PR.091:頼光は夢の中に現れた椒花女から、雷上動と呼ばれる弓と水破兵破と呼ばれる二本の鏑矢を託された。 ~源平盛衰記)

Illustration:ミユキルリア

コメント

封獣 ぬえのスペルカード
高い火力を内包した神器装備

神器であることに加え、耐久力-5の修正があるため、セット出来るキャラクターはかなり限られている。他の神器のように森近 霖之助/1弾を使って中堅どころに装備させて運用することは難しい。基本的に大型の伝説持ちにセットすることになるだろう。

単純に、術者である封獣 ぬえ/7弾に装備させれば14ダメージとなるため、トータル3ターンで勝利できる。
また、貫通持ちのフランドール・スカーレット/1弾で攻撃しても良いし、四季映姫・ヤマザナドゥ/1弾禁断の魔法で27ダメージなど、簡単にワンショットも狙える。

ただしいずれの場合も、これをセットしたターンには起動効果を使用できない点が足をひっぱることになる。
相手のターンを一つまたぐため、除去破壊の目などで簡単に対処されてしまう。また、一度のダメージが大きいため森羅結界で大幅に回復されてしまう可能性もある。

永夜の術を使えば、相手ターンに回る前に効果を使用することができる。それまでにダメージを蓄積させていて、トドメを刺したい場合にはいいかもしれない。

豊聡耳 神子/11弾とは非常に相性が良い。加護(5)で非常に除去されにくい上、耐久が9-5=4なのでこのカードの天敵であるリリカ・プリズムリバー/11弾1枚で除去されないのである。
さらに起動効果で12点ものダメージを叩き出せるため、是非曲直庁の威令等のカウンターカードを1枚握っておけばほぼ勝ちを確定させる事ができる。

  • 神槍『スピア・ザ・グングニル』と違い、セットしたターンに攻撃を仕掛ける事が出来る。あくまでも封じられるのは起動効果だけである。
  • (自動β)の条件が「このキャラクターに源三位頼政の弓が~」ではなく「源三位頼政の弓が~」なので、他のカードに別の恨弓『源三位頼政の弓』がセットされた場合にも起動効果を使用する事はできない。
    • (IR-11.3.15)の存在から可能にも見えるが「セットされた」という事が条件なので不可。


関連