※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《錬丹「水銀の海」》

No.613 Spell <第八弾
NODE(5)/COST(2) 術者:八意 永琳
効果範囲:その他
発動期間:世界呪符

【世界呪符】 維持コスト(1)

(自動α):
 〔全てのキャラクター〕は「戦闘修正:+3/±0」を得る。

(自動γ):
 〔攻撃、または防御を行ったキャラクター〕は直ちに決死状態になる。

(自動γ):
 あなたの場に「八意 永琳」がいない場合、〔相手プレイヤー〕はメンテナンスフェイズに(3)支払い、自分の場のキャラクター1枚を破棄しても良い。そうした場合、〔このカード〕を破棄する。

徐福の帰りを待ちきれなかった始皇帝は水銀を不老長寿の薬として服用した。始皇帝の墓には水銀を流した河が作られた。

Illustration:日向あずり

コメント

恐ろしく体に悪そうな八意 永琳のスペルカード維持コスト(1)を持つロック系世界呪符
全てのキャラクターが攻撃力+3の戦闘修正を受けるが、攻撃しても防御しても決死状態になってしまうようになる。

維持コストが(1)と比較的軽いものの、相手プレイヤーは(自動γ)によりこれを破棄することができる。
このため、活用したいのであれば八意永琳と一緒に運用したい。

  • 憂いの雨とはなかなかに強力なシナジーを形成している。
    • 憂いの雨によるダメージがキャラクターの数*3だけ増えることになる。かといって攻撃すれば、キャラクターが決死状態になってしまう。ただし、相手の場にキャラクターがほとんどいない場合はたいしたことがない。
  • また、紅 美鈴/9弾とも強力なシナジーを持つ。彼女の(自動α)によってこちらのキャラクターが決死状態にならなくなるので、一方的に、かつほぼ確実に直接攻撃が可能となる。単純にアタッカーを並べてもいいし、紅 美鈴/9弾自身も攻撃力4/耐久力6/グレイズ0/警戒というスペックとなるので、相手からすればたまったものではないだろう。しかし、紅 美鈴/9弾のコントロールを奪われると逆に自分が窮地に立たされるので、そうなった場合の対処法は用意しておきたい。
  • 八意永琳がいない場合、二つめの(自動γ)は相手プレイヤーを対象にしているため禁弾『カタディオプトリック』に引っかかる。


関連