※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《奥義「西行春風斬」》

No.586 Spell <Special Collection Vol.4
NODE(5)/COST(3) 術者:魂魄 妖夢
効果範囲:目標を取らず、複数のカードに及ぶ効果
発動期間:瞬間

【連結 (人智剣「天女返し」+天星剣「涅槃寂静の如し」)】

 〔全ての相手キャラクター〕にXダメージを与える。その後、あなたの場に「魂魄 妖夢」がいる場合、目標の〔相手プレイヤー1人〕にXダメージを与える。Xは相手プレイヤーのライフポイントの半分(端数切り下げ)に等しい。

乾坤、地の孤筇を卓つる無し。喜び得たり、人、空にして法も亦た空なるを。
珍重す大元三尺の剣、電光影裡、春風を 斬る。~示虜

Illustration:gisyo

コメント


全ての相手キャラクターにダメージを与えるスペル。さらに、術者である「魂魄 妖夢」がいる場合は、相手プレイヤーにダメージを与える事も出来る。
ダメージ量はどちらも解決時の相手プレイヤーのライフポイントに依存し、たとえば相手プレイヤーのライフが初期値の25だった場合は「相手キャラクター全員に12ダメージ」「魂魄妖夢がいれば相手プレイヤーに12ダメージ」という驚異のダメージとなる。

「魂魄 妖夢」が居ればプレイヤーに12点ダメージを与えることを考えれば、このスペルを起点にして1ターンで一気に決着をつけることも可能。コストも重く、多くの場合術者前提のプレイになるので、「魂魄 妖夢」とセットでの採用が望ましい。
性質上他の全体除去と異なり、出来るだけ序盤にプレイする方が効果的。逆に言えば、相手プレイヤーのライフを削った状態になりやすい後半では効果が減ってしまうので、序盤に使っていきたい。

術者である「魂魄 妖夢」はどれも比較的軽く、連結元のカードも腐りにくいので、術者とセットで積極的に運用していきたい。

関連