※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《再迷『幻想郷の黄泉還り』》

No.585 Spell <Special Collection Vol.4
NODE(3)/COST(3) 術者:西行寺 幽々子
効果範囲:プレイヤー、手札、デッキ、冥界に及ぶ効果
発動期間:瞬間

【連結(亡郷「亡我郷 -宿罪-」+「古の記憶」)】

 〔あなたと相手プレイヤーの冥界にあるキャラクターカード、それぞれ1枚まで〕を選び、あなたの場にスリープ状態で出す。その後、〔冥界にあるキャラクターカード全て〕を本来のプレイヤーのデッキに戻し、シャッフルする。〔全てのプレイヤー〕は、この効果で自分のデッキに戻したカード1枚につきライフポイントを3得る。

地表に冥界の門を開き、失われた者を悉く蘇らせる。

Illustration:ノザクマ

コメント

【連結】(ユニオン)を持つスペルカード
自分と相手の冥界からキャラクター1枚をリアニメイトしつつ冥界のキャラクターを一掃し、さらにライフポイントを回復させる効果をもつ。

対象は「1枚まで」かつ「選び」なので、冥界にキャラクターカードがない場合でもプレイは可能で、干渉冥界のキャラクターカードがなくなったとしても、効果の解決に失敗したりはしない。

3コストと比較的重いため、基本的には術者を据えて、死符『ギャストリドリーム』で破棄したキャラクターをこのカードで奪うといった使い方がメインになる。
また、その重いコストを逆に利用して序盤にキャラクターをノードに伏せておき、そこからコストを支払うことで、ライフゲインを9点増やすこともできる。

回復効果は全てのプレイヤーが対象となるが、無縁塚や連結元カードである古の記憶で相手の冥界にあるキャラクターカードの枚数を調節すれば、自分だけ恩恵を受けることは難しくない。
またうまくいけば自分の場に大型キャラが2体増えることになるため、多少の回復なら数ターンで削り直すことも容易い。

なによりデッキ構築の段階でキャラクターを多めに投入しておけば、相手より多くのライフゲインを得ることも容易なため、押し込まれた状況をこの一枚により何とかできてしまうことも多い。残り一桁だったライフがいきなり初期値以上に戻るなどという芸当も可能である。

状況によっては死霊の復活とすさまじいシナジーを形成する。狙ってみる価値はあるだろう。

  • このカードのライバルとして結界地縛霊というコンボが存在する。あちらは呼び出せる枚数、即効性、ライフゲインの差とこのカード以上のアドバンテージを獲得しやすい。このカードを採用するならば、冥界のキャラクターをデッキに戻す効果に着目して採用したい。


関連