※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《魔符「全世界ナイトメア」》

No.575 Spell <Special Collection Vol.3
NOST(3)/COST(3) 術者:レミリア・スカーレット
効果範囲:その他
発動期間:世界呪符

【連結 (神術「吸血鬼幻想」+「紅い虹と天使の翼」or「八咫烏」)】

【世界呪符】  維持コスト(2)

(自動α):
 〔あなたの場のキャラクター全て〕の種族は「種族:吸血鬼」に変更され、「戦闘修正+3/+3」を得る。

(自動γ):
 〔あなたのノード〕が7枚以上になった場合、〔場のカード全て〕を破棄する。

世界を悪夢に染める神の炎

Illustration:とり

コメント


基本的な性能は連結元である神術『吸血鬼幻想』を強化したもので、自分の場のキャラクター全てに+3/+3という圧倒的な戦闘修正を与えることが出来る。
しかし、維持コストをライフで支払うことが出来なくなっているため、【連結】(ユニオン)でありセットするのに一手間掛かる点を踏まえても、速攻の補助ではなく中速、低速の展開型デッキでの使用が主になるだろう。
術者であるレミリア・スカーレット/1弾(自動β)によって生成されるサーヴァントフライヤーや、怪奇『釣瓶落としの怪』で生成される物の怪などを強化してやれば、プレイしたそのターンに決着をつけられることもあるだろう。

(自動γ)は場のリセット効果。
一見すると強力な除去として使えそうだが、このカードが展開型デッキでの使用が基本になるので、むしろうかつに「ノードを7枚以上に出来ない」デメリット効果として機能しやすい。それでも一応の緊急回避手段にはなるが。
強制的にノード加速をさせられる豊符『オヲトシハーベスター』には注意したい。

しかし、このカードを運用する際の一番の問題点は【連結】(ユニオン)の元になるカードの運用の難しさである。
神術『吸血鬼幻想』は展開型デッキとの相性は良好で何の問題もないのだが、紅い虹と天使の翼は一切操作の効かないギャンブルカード、「八咫烏」は霊烏路 空/5弾のプレイもしくは八咫烏の採用が前提となり、空は所謂大型キャラクター、八咫烏は大型サポートに分類されるカード。どちらにせよかなり癖がある。ここをどうするかがデッキ構築のセンスが問われるところであろう。



関連