※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《他のカード》/用語・ルール用語


定義

その効果を持つカード以外の全てのカードを指す。
ただし、その効果が他のカードから与えられた効果の場合、
その効果を与えたカードは「他のカード」には含まない。
(2010/03/13現在)


コメント

主に覚醒鍵山 雛/7弾などのテキストにおいて、
他のカードの効果の対象にならないという形で用いられる用語。

2010/03/13にルールリファレンスで定義されるまでは、何が「他のカード」であるか曖昧であったが、この度明確となった。ようするに「他のカード」とは
  • そのテキストを持つカード
  • そのテキストを与えたカード
を除くカードである。

例えば、覚醒の目標として指定されたキャラクターから見たとき
覚醒は「他のカード」には該当しないため、その覚醒の対象にならなくなることはない。
すなわち、既に発生している効果が適用されなくなり……という無限ループは発生しない。

また、自身は当然「他のカード」ではないため、鍵山 雛/7弾が場にいる場合、
綿月 依姫は自身の起動効果でのパンプアップを適切に解決出来るし、八意 永琳/1弾の戦闘力は「蓬莱山輝夜」のものと同じになる。

関連


「他のカード」という記述を持つカード