※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《原初の闇》

No.590 Command <Special Collection Vol.4
NODE(2)/COST(0)
効果範囲:プレイヤー、手札、デッキ、冥界に及ぶ効果
発動期間:瞬間

 〔あなたの冥界にあるキャラクターカードX枚〕をゲームから除外する。その後、あなたのデッキをすべて見て、任意のカードX枚を選んで抜き出だし、破棄する。その後、デッキをシャッフルする。但し、Xの最大値は3とする。

「冥界は死後の終着点ではなく転生を待つための場所、もし輪廻転生を断たれたらどうなるか、教えてあげましょうか?」

Illustration:井村屋あゆか
(テキスト修正@2011/03/13)

コメント

黄泉の舟をあらゆるカードに適用したようなもの。これによって、連結に必要なコマンドカードスペルカード冥界に落とせるようになった。

もっとも、破棄するカードは連結の素材に拘る必要はない。
銀ナイフ怪奇『釣瓶落としの怪』を破棄することにより、ハンドアドバンテージを確保したり、閉ざされた瞳の自動β効果を利用して相手の動きを妨害することも可能。
除外した次のターンに場に戻るマエリベリー・ハーン/7弾とは相性がよい。彼女を3枚除外して銀ナイフを破棄すればターン終了時にナイフを回収した上で次のターンに場に3体のキャラクターがアクティブインという破格のアドバンテージとなる。
とはいえ、3体合わせても攻撃力は0なのでもうギミックとしてはもう1つ工夫が欲しい所。

  • 2011/03/13テキスト修正が施行された。当時のルールでは取り除く効果の解決は効果の解決中には行われなかったため、破棄状態にしても元の領域に残っており一緒にシャッフルされてしまっていたため。抜き出すことによりIR-11.4.5より、一緒にシャッフルされなくなった。


関連