※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《聖 白蓮》

No.507 Character <第七弾
GRAZE(3)/NODE(7)/COST(3) 種族:魔法使い

伝説 マナチャージ(1)

(常時)(2):
 ターン終了時まで、目標の〔キャラクター1枚〕は「先制」を得る。

(常時)(2):
 ターン終了時まで、目標の〔キャラクター1枚〕は「貫通」を得る。

(常時)(1)(S):
 ターン終了時まで、目標の〔キャラクター1枚〕は「戦闘修正:+3/+3」を得る。 

攻撃力(5)/耐久力(7)

「ああ、私の巻物に法の力が満ちてくる」
(PR.052:「誠に薄く、軽拳妄動であるッ!いざ、南無三――!」)

Illustration:みゆき(PR.052:朱シオ

コメント

封印されていた魔女聖人。
プレイコストに対して戦闘力は低め。ただし、援護能力は抜群。

常時タイミングで(2)コスト支払えば貫通先制という戦闘に優位な2大戦術を任意のキャラに付加できる。
このカードと支払えるノードがある限り、対戦相手は常にこの二つの戦術を警戒しなくてはならないので、かなりやり難くなる。

加えてスリープ+1コストでのパンプアップも搭載している。
少ないコストで+3/+3という中々の数値のパンプアップを行えるので戦闘補助には勿論、前述の効果で貫通を得たアタッカーを更に強化して押し込みをするのも良い。
この効果も同じく(常時)なので相手ターンにも使用出来る。グリモワールオブアリス等で警戒を得る事が出来ればさらに援護能力は高くなるだろう。

マナチャージ(1)を持っているが、第九弾においてマナチャージ(2)を誇るパチュリー・ノーレッジ/9弾が登場してしまった。大型のマナチャージ要員として採用するなら、素直にパチュリー・ノーレッジ/9弾霧雨 魔理沙/1弾を採用しよう。
さらにパンプアップ効果を使用するにもスリープが必要なので、あまり噛み合ってもいない。マナチャージを行うのはどうしてもノードが欲しい場合、攻撃や防御を行う利点が無い場合、秘術『グレイソーマタージ』を付けられた場合に使用するくらいだろう。

地味に伝説も持っているが、これは基本的におまけと考えて良い。
神器をセットできるため運用次第ではアタッカーになれないこともないが、下手に戦闘するとパンプアップ効果を使用出来なくなってしまう他、大型キャラクターにしては貧弱な攻撃力なのでフランドール・スカーレット/1弾のように大きなライフアドバンテージを奪う事も出来ない。

このカードはサポートに徹するキャラなので、もし神器を装備するのならば、ぬえのスペルカード神器でもある恨弓『源三位頼政の弓』を装備するといいだろう。
術者封獣 ぬえとは魔界の幻船を共有でき、奇矯の魔術チームの存在もあるので相性は良い。ぬえの幻想生物鵺符『弾幕キメラ』も戦闘を良く行うカードなので、このカードの効果でパンプアップしてやったり貫通を与えれば強力なアタッカーとなりうる。
耐久力は封獣 ぬえ/7弾とは異なり不意打ちを警戒する必要は無いが、地霊殿などで焼かれる2なのでそこには注意したい。

このカード最大の弱点として全体的にコストが重い。
プレイに3コスト掛かるはまぁいいとして、能力起動に2コストまたは1コストかかるため、乱用するとすぐにノードを使い切ってしまう。
基本はパンプアップで支援しつつ、タイミングを見極めてのその他能力起動が望ましい。マナチャコンに採用してもいいかもしれない。

  • ちなみにスペルカードを6種類持つが、そのうち5種類はプレイコストが低く、白蓮自身とのシナジーも全く存在しないため単体運用するほうが効率的。


関連