※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《雲山》

No.487 Character <第七弾
GRAZE(1)/NODE(3)/COST(1) 種族:妖怪

奇襲

(自動α):
 〔このキャラクター〕はスペルカードの効果の対象にならない。

(相手ターン)(1):
 〔このキャラクター〕を目標の〔キャラクター1枚〕にセットする。以後、このカードは以下の効果を持つ装備カードとして扱う。

「戦闘修正:+1/+1

(自動γ):
 〔このキャラクターにセットされている「雲山」1枚〕が破棄された場合、〔あなたの手札2枚〕を破棄する。」

攻撃力(1)/耐久力(1)

「…!?」

Illustration:しまどりる

コメント

雲居 一輪が操る頑固親父の雲入道。
見た目のインパクトに反してスペックは貧弱だが、装備として目標のキャラクターにセットする事が出来る。

単体でも他の除去カードのリターンの底上げ、相手の装備セット干渉で妨害などに使えなくも無く、地味に奇襲を持つのである程度は相手ターン中でも対応が出来る(ただし装備プレイ干渉してプレイでは間に合わないので過信はしない)。

しかし、その存在そのものが雲居 一輪とのシナジーを形成しており、さらにどちらも同時に手札に引っ張ってくる都合の良い専用のサーチカード孤高の監視者が存在する為、やはり使うのならば一輪とのセットでの運用がメインとなるだろう。

スペルカードに対する耐性効果を持つ為除去にはある程度強いが、その耐久力の低さゆえに狙撃秋の女神悲しき人形などで容易に掃除されてしまう為、特に雲居 一輪マナチャージを持たせる為に場に維持する際などはある程度覚悟しておく必要がある。


関連