※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「起動効果」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

起動効果」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 **《起動効果》/用語・ルール
 
 ***定義
 ''(常時)、(自分ターン)、(相手ターン)の効果を総称して「起動効果」と呼びます。''
 ''起動効果の中で更にコストとしてそのカードをスリープ状態にする必要があるものを「スリープ起動効果」と呼びます。''
 
 (以上公式「場のカードの効果・戦術」及び「ルールリファレンス」より。2008/06/15現在)
 
 ----
 
 ***コメント
 [[(常時)]]、[[(自分ターン)]]、[[(相手ターン)]]の総称。
 (自動α)、(自動β)、(自動γ)を総括した[[自動効果>(自動)]]のついになる用語であり、基本的には、以前「[[(自動)]]以外の効果」に分類されていたものに名称がついたものと考えて良い。
 
 例えば[[流出]]のように以前は「(自動)以外の効果を~」と記述されていたカードは、現在「起動効果を~」という記述に変更されている。
 
 >9.起動効果に関する補足
 >●起動効果と区分
 > プレイヤーが任意で使用できる場のカードの効果を総称して「起動効果」という。プレイ中のカードや、場以外にあるカードが持つ起動効果は使用する事が出来ない。起動効果は使用できるタイミングによって以下の3つの区分がある。また、起動効果の中でもコストとしてそのカードをスリープ状態にする効果の事を「スリープ起動効果」という。起動効果には干渉する事が出来、また、干渉で使用する事が出来る。但し、1枚のカードが持つ1つの起動効果は、1つの干渉内で1度しか使用する事が出来ない。
 >
 >1.常時
 > 自分のターン、相手のターンの区別無く、各フェイズの干渉を行えるタイミングで使用できる。
 >2.自分ターン
 > 自分のターンの間にのみ、各フェイズの干渉を行えるタイミングで使用できる。
 >3.相手ターン
 > 相手のターンの間にのみ、各フェイズの干渉を行えるタイミングで使用できる。 
 
 と定められているように、[[(常時)]]、[[(自分ターン)]]、[[(相手ターン)]]の違いは効果を発生されられるタイミングのみである。
-また、[[干渉]]で使用できる効果なので[[優先権]]と合わせてしっかりと理解しておきたい。
+また、[[干渉]]での使用もできる効果なので[[優先権]]と合わせてしっかりと理解しておきたい。
 
 >●起動効果の記述とコスト
 > 起動効果は「(起動効果の区分)コスト:効果」と記述されている。コストは以下のものがある。コストは効果の使用の宣言と同時に支払われる。また、効果の使用を宣言する時点でコストが支払えない、目標が存在しない事が確実である場合、使用の宣言そのものが出来ない。
 >
 >1.丸囲みの数値
 > その数値に等しい分だけ、ノードからコストを支払う。0となっている場合、その効果は使用の宣言だけで使用できる事を表す。
 >  
 >2.[[(S)]]
 > この効果を持つカードをスリープ状態にする。元からスリープ状態であった場合、支払う事は出来ない。
 
 -ほとんどが[[自動効果>(自動)]]である[[戦術]]のうち、唯一[[マナチャージ]]だけは起動効果に属する。
 
 なお、テキスト上で起動効果を指定しているカードは
 -[[流出]]
 -[[死蝶霊]]
 -[[秘術『グレイソーマタージ』]]
 -[[賢者の封書]]
 の四枚。
 ----
 
 ***関連
 -[[(自分ターン)]]
 -[[(相手ターン)]]
 -[[(常時)]]
 ----