1作目


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 眼が覚めるとそこは知らない場所だった。
 一応は家っぽい所にいた。
??「あ、起きたの?」
 いきなりの声に驚き、俺は飛び上がった。が、突如激痛に襲われた。
??「駄目よ、まだ動いちゃ。大怪我してたんだから。」
〇〇「君は…?それにここは…?」
??「自己紹介がまだだったわね。」
霊夢「わたしは“博麗霊夢”。ここ“博麗神社”の巫女をしてるわ。あなたは?」
〇〇「俺は〇〇。今まで何があったか全く知らない。なんで俺はここにいるんだ?」
霊夢「私も知らないけど、道で倒れてたからここまで運んだのよ。」
〇〇「それはすまなかったな。ありがとう。」
霊夢「〇〇、しばらくはここで暮らすことになるんだけど…」
〇〇(は?俺の耳が末期か、これは夢だな。そうじゃなけりゃ…)
 ギュウとつねったら痛かった。どうやら夢ではないようだ。
霊夢「何やってるの?とにかく、一緒に暮らすことになるからよろしくね。〇〇。」
〇〇「ちょ、ちょっと待ってくれ。なんで一緒に暮らすことになるんだ?」
霊夢「なんでって…〇〇はそれで一人暮らしができるの?」
〇〇「そうじゃなくて、迷惑だろ?医者んとこでも行くからさ。会ったばっかりなのに迷惑をかけたくない。」
霊夢「いいからいいから。その怪我じゃあ動けないでしょ?」
 確かに大怪我をしてはいるが…
 男女の2人暮らしはまずくないか?
 とにかく医者へと行きたいのだが、体が言うことを聞かない。
 おとなしくここにいるしかなかった。




 霊夢はとにかく親切にしてくれた。
 動くこともままならない俺に飯を作って食わしてくれたり、恥ずかしがりながらも着替えさせてくれたりした。
 霊夢はほとんど一日中、俺の世話をしてくれた。