IRAFインストール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Ubuntu マシンに入れた時の手順
(0) ここ の方法に従う。
(1) IRAF の HP( ここ )に行く。
(2) ファイルのダウンロードは、左の search → Search for a file in the ftp archive と移動して、
検索窓に、as.pcix.gen.gz や x86.gz を入れて検索するとすぐ見つかる。
(2) 手順 2.2 のコマンドが通らない場合、
  adduser --home /iraf/iraf/local --shell /bin/csh iraf 
と、するとうまくいくかも。このコマンドの後に、色々聞かれるけど、全部エンターを押してデフォルト設定に。
(3) 手順 2.3 ログインし直すときは、login iraf 。うまく行かない場合は、
 sudo login iraf 
と、するとうまくいくかも。
(4) 手順 2.4 の最後のコマンドは、たぶんタイポしていると思う(cd cat .... の cd はいらない)。
(5) 手順 2.5 の source irafuser.csh の実行前に、
  setenv iraf /iraf/iraf/
と、打っておかないとうまく行かないようだ。あるいは、irauser.csh の3行目とかに直接書いてもいいかな。
(6) 手順 2.5 の ./install のところで、Local unix commands directory を聞かれるが、そこだけは
自分のマシンと違っていたので /bin/ に変更(which ls とかでコマンドがどこから呼び出されるか調べとく)。
(7) 手順 2.5 の最後で、root としてログインしていると思うので、iraf のアカウントにログインしなおす。
  login iraf
(8) 手順 2.6 には書いてないけど実行したほうがよさげなこと。terminal type を聞かれるので
  echo $TERM
かなんかで、自分の terminal type を調べておく(多分、xterm)。メモったら、
  mkiraf 
を実行。Initialize なんとか?は y 。次の Enter terminal type : でメモったやつを書く。
(9) 最後に、
  cl
を実行すればいい(らしいけど、自分の場合なんかダメだった。/bin/ に cl が入ってたので)
  /bin/cl
で実行した。これでインストールは終了のはず……。