世界全体について


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 玉藻の存在について、各国どのような認識なのでしょうか?
広く一般には、「百年前にそのようなことがあった」とお伽話や能楽の演目などとして伝えられています。
武人の国と陰陽師の国の君主の家ではしっかりと話が伝えられており、特に春馬家には詳細を記した巻物が伝えられています。
ただし、その巻物にも玉藻の姿は狐姿と美女姿しか描かれておらず、玉藻の通常時の姿は一切伝わっていません。

  • 天雄討伐戦は、いつごろの話ですか?
天雄討伐戦=連合軍VS飽咋の合戦は、完全に終結したのは所詮準備期間の時間軸より一ヶ月ほど前です。その後、宝玉の扱いが決定し今に至ります。
合戦自体は一週間の攻防の後、連合軍が本殿へ侵攻。激闘の末、付喪神君主・銀および首謀者・天雄が死亡。
首謀者死亡および劣勢につき、妖怪達は撤退しました。

  • 書籍は流通していますか?
真秀良の世界では「草子」という形で、今で言うところの書籍が流通しています。
印刷形式としては写本となっており、流通しているものは全て手書きとなっています。
装丁は、「和綴じ」と考えていただければと思います。

草子自体は容易に手に入るものですが、絵付きのものとなると価格が少し高くなります。

  • 四国に身分制度は存在していますか?
飽咋を除く三国には身分制度があります。
とはいえ「○○だから敬わねば」という考えはあっても「○○だから虐げられている」ということはあまりありません。
ただし沙更は唯一、家系や能力を重んじる風潮がありますので、そういう意味でのアレコレはかなりあります。

なお、飽咋に関しましては完全実力主義社会となっています。

  • 真秀良大陸各所まで、たとえば帝都から出発するとするとどの程度の日数がかかりますか?
馬にせよ徒歩にせよ、途中の地理条件で日数が変わってきます。
また、前述の質疑応答を見ていただければわかるとおり、かなりふわっとしたことしか考えておりません。
そのため、日数等に関しては適当にそれっぽく考えていただければと思います。

  • 天下泰平記の世界観では、如何にして漢字、ひらがな、カタカナが形作られていったのでしょう?
混沌記の少し前に、神が伝えたのが「漢字」です。そこから勝手にアレンジして、カタカナや平仮名が生まれた……といった感じになります。
なお、現状で一般的なのは漢字と平仮名です。

  • 現在では、カタカナはどんな時に使われますか?
主に、いわゆる「古い文章」に用いられます。例を挙げて言うと神代記や混沌記の文章となりますと、漢字とカタカナによる文章になっています。
が、百年前の金毛九尾の乱当時の文献は、漢字と平仮名によって表記がなされています。
今ではなんらかの理由で「古めかしい感じを出したい」となると、わざと漢字とカタカナで構成するようです。

  • 真秀良に、幻想生物はいますか?
はい。
妖怪ではなく、「神が作った生物」として幻想生物が存在します。
また、それ以外にも普通に現実世界にいるような生物も存在いたします。

  • 国が成立し今現在のような形になった(現在の各国の特色がほぼ確立した)のは、どれくらい昔のことですか?
倭伽武琉が登場し、混沌記を終えた時には武人と妖怪、そして今の陰陽師のはしりのような存在が生まれていました。
その後泰平記を迎えるうちに付喪神が発生(倭伽武琉は既に崩御)。戦乱の後に、当時の帝によって一国として迎えられました。
陰陽師につきましては、はしりの一族が御巫家として「陰陽師の能力を確立させたい」として、
当時陰陽師の力を持っていたものを率いて、帝からも許しをもらい一国として武人の国から独立しました。
妖怪は国として認められることもなく、その主張をするでもなく、追いやられる形で現在の地にいます。
いまの形(各国の特色が確立)になったのは、いつごろ、とは分かりませんがかなり昔の話です。

  • 付喪神同士以外での他種族間(『武人・陰陽師と付喪神』など)での婚姻や、子孫を作ることは可能なのでしょうか?
婚姻および恋愛関係に関しましては、全種族間で前例があります。
ただし、政略結婚であったり、人目を忍んで逢瀬を重ねるような婚姻関係であったり、あまり祝福されたものではありませんでした。
(勿論、そのようなものでも実際本人たちは幸せだった、ということはありますが)

また子孫についてですが、武人←→陰陽師間は問題なく子供が作れます。
子供が霊力を持つかは、どちらかと言えば沙更という土地の影響が大きいので、基本的に花散里で子を産み育てるのであれば霊力は持ちません。

人間←→付喪神間では、かなりの低確率ですが子供を作ることは可能です。
この場合、生まれた子供は「人間」となり、術力は持ちません。
(陰陽師を親に持つ場合、沙更で生まれれば霊力を持ちます)

妖怪は、妖怪同士でしか子供を作ることができません。

  • 別の種族のものが種族を偽って他国へ潜入し別の種族と遭遇した場合、どうなりますか?
種族を偽った場合、以下の通りです。

⇒武人が種族を偽った場合
妖怪→妖力の無さでバレる
陰陽師→低級神が一切見えない、術が使えない等の要因によりバレる
篠原→基本的にはバレない

⇒妖怪が種族を偽った場合(人間の姿に変化済)
武人→妖力を察知されてバレる(妖力に気づかない者もいる)
陰陽師→妖力を察知されてバレる
篠原→基本的にはバレない(術力と妖力がよく似ているため/些細な違いに気づく者もいる)

⇒陰陽師が種族を偽った場合
武人→基本的にはバレない
妖怪→霊力を察知されてバレる
篠原→基本的にはバレない(術力と霊力がよく似ているため/些細な違いに気づく者もいる)

⇒付喪神が種族を偽った場合
武人→基本的にはバレない
妖怪→「力を封印されている」等偽れば、基本的にはバレない(術力と妖力がよく似ているため/些細な違いに気づく者もいる)
陰陽師→基本的にはバレない(術力と霊力がよく似ているため/些細な違いに気づく者もいる)

ただし、連合軍VS鬼灯党および妖怪の合戦で顔合わせをしている者も多いため、それによってバレることもあります。

  • 貨幣制度はどうなっていますか?
金貨(両→分→朱)、銀貨(分→朱→匁)、銅貨(銭)の三種類です。
こちらのサイトを参考にしていただければ、と思います。

  • 他国との交易は可能ですか?
できないことはありませんが、かなり難しい状況です。
特に、武器やその原料に関してはほぼ不可能と思われます。

  • 各国君主の、天下取りに乗り出す理由を教えてください
【義彰】天下泰平のため
最も標準的な思考および理由です。裏も表も無く、言葉通り「天下に泰平の世を導くため」ということを考えて天下取りに乗り出しました。
なお、義彰の言うところの「天下泰平」とは、無意味な戦や殺生が無く、万民がそれぞれ自分らしく生き生きと暮らせる世界のことです。

【玉藻】もともとの支配欲+復讐のため
最もストレートかつ個人的な思考および理由です。人の下に立つことを良しとせず、また安穏を良しとしない玉藻は、
天下を混乱させ人々が常に恐れ悩み嘆き悲しむ世のために、そして百年前の復讐のために天下取りに乗り出しています。

【晴臣】天下を沙更によって治めるため
晴臣の場合、義彰と異なり「沙更が」という気持ちが前に出ます。また、そういう声(沙更が天下を治めるべき)が国内で大きいため、
それが君主としてすべきことと考えている部分もあります。
個人の意思として天下取りへ向かう気持ちが無いわけではありませんが、それよりも「国のため」という気持ちが大きい状態です。

【椿姫】皆が穏やかで幸せに暮らせる世界を作るため
椿姫の言うところの「皆」とは、「篠原国民」のことです(真秀良の全ての民、という意味ももちろんありますが)
黒銀浜の戦い閉幕現在、天下取りの戦いに関しては
「泰平の世を導くために戦を起こすなどおかしい。争いでは何も得られない」「戦いたくない」と考えています。
一方で今回の敗戦を受け、今は争うことでしか国を守れないと考えています。

  • 各国季節が定められていますが、その季節の範囲での気候の変化はありますか?
あります。
各国とも、緩やかながら気温の差や空気の変化が存在します。
一番はっきりとその変化が分かるのが篠原で、一年のうち数ヶ月だけ雪がなくなる時期があります。
ただしその時期でも、白妙山は雪が降り積もっています。
なお、現在の季節については現実世界の季節を参考にしていただければ、と思います。

  • 天雄討伐戦は、どの国で起こりましたか?
天雄討伐戦は、帝都で起こりました。
花散里と沙更から挟撃する形で進軍し、篠原の兵は二国に半分ずつ置かれました。

  • 真秀良の季節が「冬」となりますが、各国の気温等はどのようになりますか?

⇒花散里
気温は下がりますが、大したことはありません。ただ、早朝となると「冷え」を感じるかと思われます。
また、御神木を筆頭とした桜、その他花々は蕾の状態が多く見受けられます。

⇒飽咋
あまり影響は無いようです。
気温は下がりますが、妖怪であることを差し引いても「海(水の中)が冷たい、入って風邪をひいた」ということにはなりません。

⇒沙更
早朝・日中問わずかなり肌寒く感じ、場合によっては、雪もちらつきます。(積もることはありません)
防寒をしっかり行っておくことをおすすめします。

⇒篠原
一番雪が深く、冷え込みの厳しい時期となります。
ですが、「もう慣れっこ」という住民の方が多いかと思われます。