地図


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

こちらの地図も、企画内であれば素材として使っていただいて構いません。

3つ目・4つ目の地図については、現時点で設定が決まっている部分のみ記載しております。
新たな地名や山河等の配置を、企画中に行っていただいても構いません。





【花散里】
花散里(はなちるさと):春馬家の城がある地。咲耶姫・知流姫の宿る御神木もこの地にある。
豊雲(とよくも):花散里で最も桜が美しいとされる場所。雲霞のごとく桜が咲き誇る。
吉野(よしの):山岳地帯。獣も多く住み、鷹狩りなどの場所に利用される。
白鷺山(はくろざん):妖怪の国との国境のごとくそびえ立つ山。卯の花が白く染める山は、桜とはまた違った美しさを見せる。

【飽咋】
飽咋(あきぐい):鬼灯党が根城としていた地。現在は玉藻が根城跡に居座っている。
殺生石(せっしょうせき):玉藻が封印されていた場所。封印の解除が半端なことから、彼の地には未だ瘴気が漂っている。
辺疎ヶ浜(へきざかるがはま):美しい海が広がる、長い浜。

【沙更】
沙更(ささら):御巫家の御殿がある地。聖域でもある。
豊布都(とよふつ):反物で有名な地。
良穂理(いおり):米栽培の中心地。
龍伏原(りゅうふくげん):青龍川の横たわる平地一帯を呼ぶ。
青龍川(せいりゅうがわ):真秀良でもっとも大きく長い川。

【篠原】
篠原(しのはら):椿姫の城がある地。
白妙山(しろたえやま):冬の女神の娘・白姫が住み着いている山。
石巣(いわす):鉄資源が最も豊富に眠っている場所。

【帝都】
帝都(ていと):帝の所在地。都というより、聖域のような印象。
天至山(てんしざん):真秀良で最も高い山。かつて、蒼天帝が降り立った場所とも。