企画全体について


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 他国のキャラクターと一緒にいる(協力して、どちらかの国を支援する)、ということは可能ですか?
できません。
申し訳ありませんが、国に所属出来るのは、その国に住む種族として設定されているキャラのみ。
また、キャラクターとして合戦中に支援出来るのは(基本的に)所属している国のみ、とさせていただきます。
ただし、「過去に関わりがあった」という設定についてはご自由にどうぞ。

  • ギルドのように、徒党を組むことは可能ですか?
可能です。
また、四国の中で特に妖怪の国については、そのようなものの結成を大歓迎しております。
そのほかこっそりと、現在の君主に反感を持っている集団を作ることも可能です。
ただし、戦争中に関しましては自国の支援しかできませんので、そこはご了承ください

  • R-18やR-18Gの絵は 受け付けていますか?
受け付けています。
ただし、本タグをつけず隔離タグのみを使用すること。
そして、そのような作品に他の参加者のキャラクターを拝借する場合は、必ず相手の了解をえることを条件とします。

  • 同性愛を取り扱った作品はどうなりますか?
キャラシのタグで同性愛不可か否か明記。
実際に同性同士で恋愛関係に発展した場合は、作品のキャプションに注意をつける・ワンクッションを置く等の対処をお願いします。
境界はゆるいものの、同性のみを分けることになりますがご理解願います。

  • 参加の際、自身のキャラクターの色は、その国のイメージカラーを基調と しなければなりませんか?
企画のルールとして、「国のイメージカラーを絶対に使わねばならない」というような制限は設けておりません。
ただし、「紫」という色については「神聖な色」「高貴な色」という認識が世界にあり、陰陽師たちが好んで衣服に使っている色となっています。

  • 一度死亡したキャラを妖怪として復活させる場合、 元のキャラの延長となりますか? あるいはもう1キャラカウントすることになりますか?
妖怪として復活させる場合は、もう1キャラとしてカウントします。
復活というよりは、妖怪として新たに生まれ変わると思って頂ければと思います。

  • キャラ作成において、 戦国時代でいう 「南蛮人(外国人)」的存在の キャラクターは可能でしょうか?
申し訳ありませんが、不可です。

  • 他国に協力する、ということは可能ですか?
現段階では「自分の国を一番にする」という最終目標の関係上不可ですが、今後の展開によっては国の方針として支援行動に出る可能性もあります。
なお、「自分の国を一番にするために、他の国の戦いに手を出す(物資を送る等)」といったような行為は理屈上可能です。

  • タグ提案を行うことは可能ですか?
はい、可能です。
企画内で、「こういうタグがあれば便利なのでは」等ございましたら、提案していただければと思います。

  • 見た目は西洋人とか黒人に似ているが、れっきとした真秀良の人間、というのは可能ですか?
可能です。
西洋人という設定が不可(そもそも、「異国/真秀良以外の大陸」という存在の設定が無い)なだけであって、見た目まで規制はしません。

  • 一度カウントしたキャラが死んだり、諸事情で存在自体始めからなかったことに しても、カウント数は不変ですか?
「キャラシートを出す(点数を稼ぐ)ためにキャラを死亡させる」という行為を防ぐため、キャラが死んだとしてもキャラシートカウントは変わりません。
また、キャラシート制限をかけている+キャラシートも点数に入る都合上、「キャラシートを下げる」という行為はご遠慮願います。
そのため、「存在自体はじめからなくなる」という行為自体が出来ず、カウント数は不変です。

  • 真秀良に新しく地名を作った場合、それを公式がイベント等で使うことはありますか?
はい。
場合によっては、そのようなことも有り得ます。

  • キャラクターの設定を、キャプションではなくキャラシに書いても構いませんか?
はい、構いません。
ただし、修正が容易であるという点を考えると、キャプションに設定を記載することをお勧めします。

  • 兵器はありますか?あるとすれば、どのようなものがありますか?
基本的に、一番大きな兵器は「大筒」となります。
江戸時代後期の大砲となると、技術の進歩具合から篠原には恐らく存在すると思われますが、その辺りは参加者や今後の展開次第となります。

  • 時代考証は、どの程度行えばいいですか?
天下泰平記は、戦国時代~江戸時代初期あたりの日本(一部欧州)をモチーフとしています。
とはいえファンタジーですので、そこまで「無いもの」について厳しくはしません。
が、折角ですので色々と調べてみれば、知識がつき、ご自身の世界が広がって良いのではと思います。

ただし、横文字=いわゆる外国語は存在しませんので、それにつきましてはお気を付けください。
(メタなネタとして、ギャグで使用する分には規制はしません)

篠原の人間も横文字は使えませんのでご注意ください。(西洋風の文化についても、泰平記においては「真秀良内で生まれた文化」のため)
パンにつきましては「麦餅」を使用するなど、日本語による表記をお願いいたします。

  • キャラシートの投稿に締切はありますか?
今のところありません。
ただし、合戦中の得点としてカウントされるのは、最終合戦期間内に投稿されたキャラシートまでです。

  • 真秀良大陸の大きさはどの程度ですか?地図はどの程度の縮尺なのでしょうか
真秀良は、大体日本と同じくらいの面積です。また、篠原は九州より多少大きい程度の面積となっています。
縮尺については、申し訳ありませんが私に全く知識がないため、お答えすることはできませんし、また、正確な縮尺をはじき出したところで
かなりでたらめなことになっていると思います。(縮尺を念頭に置いて作成したわけではないため)

  • 自分が考えたモブのキャラクター(自キャラの母親など)と、他人のキャラクターを交流させることは可能ですか?
はい、可能です。

  • ツイッターなどでアップした所謂『らくがき』をpixivに投稿したい場合、泰平記関連のタグをつけても構いませんか?つけてもいい場合、どのタグをつければいいですか?
つけてもかまいません。本タグ【天下泰平記】と、作品タグ【泰平記】絵巻をお付けください。(年齢制限のかかるものであれば、本タグはつけないでください)
ただし、落書きにしろ完成品にしろ、ピクシブに投稿する前に別の場所(ツイピク、ドロワなど)にアップした作品に関しましては、
合戦タグ(【泰平記】緒戦準備:国名)無しでの投稿をお願いいたします。

  • 他の国を支援するような内容の作品を投稿しても構いませんか?またその際、タグはどうすればいいですか?
他国を支援するような内容の作品は、投稿していただいて構いません。
ただし現状、他の国を支援するような内容であっても、「巡り巡って自国のため」という解釈で自国のタグをつけて投稿していただけますと有難いです。

  • NPCとモブの違いはなんですか?
NPCタグは
「もしかしたら動かすかもしれないけれど、今は動かさないかもしれない(動かせない/動かす気は無い)。それでもよければ、ご自由に使っていただいて構いません」
というスタンスのキャラクターにおつけいただくタグ、と判断しております。
一方現在施設キャラとして投稿いただいているキャラクターは、「たとえ作った本人でも能動的に動かすことができないキャラクター」と認識しております。

例えばNPCキャラクターは作り手が「動かしたい」と思ったときに、自由に単体で動かして交流・行動させることができる一方で、
モブキャラクターおよび施設は、どれだけ作り手が「こういう風に動かしたい!」と思っても、
そのキャラ・施設単体では一切動かすことができませんし、もらった交流を返すこともできません。

簡潔に述べますと、【モブのスピンオフ作品】を作ることはできません。
必ず、ご自分のキャラクターをお描き添えください。

  • 得点に加算されるようなタグをつけないことを条件に、【モブのスピンオフ作品】に該当する作品を投稿しても構いませんか?
それでしたら、一応許可はいたします。
ただし、一人2キャラという制限の中投稿して交流していらっしゃる方のことを考えて、節度ある内容でお願いいたします。
また、【モブのスピンオフ作品】に該当する作品は、公式ストーリーの流れに組み込まれることはありませんのでご了承ください。

  • キャラシートとは異なる衣装・髪型等で今後の交流を行いたいのですが構いませんか?
はい、構いません。
その際、新たなスタイルを補足等で投稿し、【現在はこの格好で行動しています】等、
キャラシートのキャプションにリンクをつないで書き添えていただければ、と思います。

  • 投稿者の都合により、詳細を書いた作品が下げられてしまったアイテムは、今後作中で使っても構いませんか?
作品が下げられてしまったアイテムは、特に複数名が使用しているようなアイテムの場合、参加者間で効果等々の認識が食い違うおそれがあるため、基本的には使えません。
投稿者に確認をとって再度作品を投稿してもらう、それが叶わない場合、
確認をとったうえで同じ、あるいは代理となるアイテムを世界観タグで投稿する、といった方法をとっていただければ、と思います。

  • 生物など、世界観が上記の質問と同じような状態になった場合、今後作中で使っても構いませんか?
世界観であっても、下げられた場合の扱いはアイテムと同じです。
投稿者に確認をとって再度作品を投稿してもらう、それが叶わない場合、
確認をとったうえで同じ、あるいは代理となるものを世界観タグで投稿する、といった方法をとっていただければ、と思います。