ルール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

※旧ルールのため、 現在では使用されていません。 削除保留。

基本的なルールです。


☆25000点開始の30000点返し。
 ウマは10-20
☆裏ドラ、槓ドラ、槓裏ドラ有り。
 槓ドラ、槓裏ドラは即ノリとし、打牌する前にドラを増やす。
 搶槓、嶺上開花時も即ノリとし、槓ドラ、槓裏ドラを増やす。
☆形式聴牌有り。
☆ノーテン罰符有り。
☆場風は東・南の半荘戦。
 親は聴牌で続行、不聴牌で続行(東場、南場両方共に)
☆西入無し。
☆切り上げ満貫は無し。(4翻30符は子7700親11600)
☆嶺上開花時の自摸符は有り。
 嶺上開花時はすべて自摸和了とし、責任払いは無し。
☆千点未満の得点は四捨五入で計算。
☆同点時の順位は起家優先。
☆和了終了有り。
☆同順での喰いかえなし。
☆二翻縛り無し。
☆ダブロン有り。本場は両者にのる物とする。
 トリプルロン無し。
 リーチ棒は供託も含め、ダブロンの場合頭ハネ。
 トリプルの場合、流局扱いとし、リーチ棒は供託。(親が和了だった場合は親は連荘)
 供託のリーチ棒は次局の和了取り。
☆王牌は14枚残し。(槓の時は1枚増やし)
☆立直後暗槓は有り。(待ち牌や牌姿が変わる場合・送り槓は不可)
☆フリテンリーチ有り。
☆オープンリーチ無し。
☆同巡内フリテンは途中ポン・チー・カンが有っても、自ツモまでフリテン。
☆チョンボは、親は流れず、積み棒は積まずにやり直し。
 リーチ棒はリーチした人に戻す。
 チョンボとアガリが同時の場合はアガリが優先。
☆誤ロン・誤ツモ・多牌・少牌は和了放棄とし局を続行。
 (誤ロン、ツモの場合の倒牌時はチョンボ)
 和了放棄となった場合、その後は、ロン・ツモ・ポン・チー・カンも不可とし、
 聴牌時でも不聴牌扱い。
☆誤チー・誤ポン・誤カンは1000点罰符。(供託に)
☆捨て牌は、河に打牌した瞬間に成立。(河に打牌した瞬間から切りなおしは不可)
☆九種九牌・四風連打・四家立直・四開槓は流局とし、親は連荘。
 九種九牌はポン・チー・カンの無い第1ツモとした時とし、
 四家立直は4人目のリーチ牌がロン牌で無い時とし、
 四開槓は4回目の槓をした後の捨て牌がロン牌で無い時とする。
 四槓子時は5回目の槓をさらした時点で流局。(搶槓時は搶槓が優先)
☆流し満貫は和了役として採用し、海底者が海底牌を捨てて流局した時とする。
☆大三元と大四喜のみ、包則(パオ)を適用。
☆数え役満有り。(役満とのダブル役満は無し)
☆国士無双のみ、暗槓の搶槓での和了を適用。
  国士無双13面待ちで捨て牌の中に幺九牌が有る場合、全てフリテンとする。
☆九蓮宝燈は万子・筒子・索子のいずれも採用。
☆人和はポン・チー・カンの無い1巡目の牌をロンアガリとする。
☆八連荘は無し。
☆役満の複合はなし。
 W役満は国士無双13面待ち、大四喜、四暗刻単騎、純正九連宝灯。
☆人和なし。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。