※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

METAL GEAR SOLID PORTABLE OPS
戦略諜報アクション
通常版…4,980円
特別仕様PSP本体同梱プレムアムパック…29,190円
蛇革ケース付きコナミスタイル限定版…39,690円
無線LAN(アドホック、インフラストラクチャー)、ゲームシェアリング、GPS対応

“スネークイーター作戦”の6年後。スネークは再び戦場に舞い戻る。
孤立無援のスネークを、かつて自らが率いた特殊部隊FOXが追い詰める。
彼の生き残る術はただ一つ 「信頼できる仲間を探せ」――――――

MGS~MGS3の流れを汲む本格アクション。
PSPならではの新システムを搭載し、メタルギアソリッド最新作、登場。

【ストーリー、舞台】
舞台は1970年。主人公はビッグボス(ネイキッド・スネーク)
メタルギアソリッド3とメタルギア1を繋ぐストーリー。
「FOX」を名乗る部隊により、ゼロ少佐やスネークが拘束された。
スネークは身の潔白を証明するため、仲間を集めて「FOX」に立ち向かう。
FOXを狩るもの=「FOX HOUND」設立の過程が描かれる。

【メタルギアソリッドならではの本格アクション】
敵に見つからないように、敵地へと潜入する。CQC、ライフル狙撃なども健在。
カメラの操作、武器の切り替えもスムーズ、フレームも安定していて、総じてPS2クオリティ。

【新要素・敵を捕えて仲間にする】
敵を気絶させ捕まえ説得し、味方にしたキャラクターと交代しながら潜入任務を成功させる。
仲間はストーリー、対戦、WiFiアクセスポイント、トレード、GPS、パスワードと6つの手段で集められる。

仲間はスナイパー、医師、メカニックなど様々な能力を持ち、ゼロ少佐、エヴァなどのキャラも操作できる。
手に入れた仲間は、全てのモードで共通データとして使える。

【PSPならでは!ネットワーク通信機能対応】
Wi-Fiを使った対戦モードも。 最大6人でのデスマッチが楽しめる。
対戦で勝てば強い仲間が手に入るが、実戦モードでは死んだ兵士は生き返らない。
イザとなったら白旗を上げるか?
死なないモード(模擬戦)もあるが、その場合の報酬はそれなり。

Wi-Fi機能を使い、街中にある無線アクセスポイントをスキャンして固有の兵士を仲間にできる。
アクセスポイントによって得られるキャラが違う。
アドホックで他人と兵士を交換できる。トレードに出す兵士を決めてスリープにしておけば、すれ違い通信でのトレードも。
通信対戦はインフラストラクチャー、アドホック両対応。フリー対戦モードはゲームシェアリング対応。
「サイバーバル」という自動対戦モードもある。

【ゲームシェアリングって何?】
PSPからソフトの入っていない他のPSPへ、ゲームの一部を無線LANを使って送信できる機能。
MPOでは1本のゲームソフトで「フリー対戦」モードを楽しめる。
ただし、このモードでは最大4人対戦まで。(通常は6人)

GPSって何?】
人工衛星からの電波を受け取って位置を検地する周辺機器

MPOでは「敵兵がいる場所」が仮想ポイントとして表示され、
GPSを頼りにそこに実際に移動すると兵士を入手できるシステムもある

【ムービー】
トレイラー