小さな願い


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

君の姿を見つめていた
ずっと見えなくなるまで
君の姿を見つめていた
ずっと ずっと ずっと…

ふりかかる 不可避の現実
僕は何も できずに
小さな願い それさえも
全て砕かれ 散ってゆく

僕の理想も 君の見ていた夢も
無惨に散らばって 後には何も残らない

君の姿を見つめていた
ずっと見えなくなるまで
君の姿を見つめていた
ずっと ずっと ずっと…

繰り返される 悲劇の連続
僕はじっと 耐えてた
次第に大きく ふくれあがってく
不安感に 押しつぶされそう

君がそこにいて それが当たり前で
君のいないこの景色 今日が最後だといいのに

君の帰りを待ち続けた
ずっと夜が明けるまで
君の帰りを待ち続けた
ずっと ずっと ずっと…

君の名前をただ叫ぶよ
ずっと声が枯れるまで
君の名前をただ叫ぶよ
ずっと ずっと ずっと…


これはきっと夢 そう思い込んでいても
だんだん強くなる痛み 現実だと知らせてくる

君にずっと生きててほしい
それが僕の小さな願い
君に僕より生きててほしい
ずっと ずっと ずっと…

君の姿を見つめていた
ずっと見えなくなるまで
君の姿を見つめていた
ずっと ずっと ずっと…