キャラクター > ミラ > 魔技


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

精霊術の級毎の変化内容。魔技とエアリアルスペルは空中発動すると、地上発動時の1回転する動作の隙がない。総じてエアリアルスペル時には詠唱が少し短くなる
エアリアルスペル時は魔技が発動できない(魔技か空中詠唱のどちらか片方のみ)ので同時に使うことはできない。

魔技 分類 消費TP 属性 hit 使用回数 備考
フレアボム 下級 9 2 前方で炎弾を破裂させる。ダウン効果。
術に繋げる場合、ダウン状態のまま当てると威力が激減する。
レイアのアイテムスティールや、ジュードのダウン攻撃との相性がいい。
中級 24 2 前方で大型の炎弾を破裂させる。吹き飛ばし&ダウン効果。
相手と離れるので詠唱の時間稼ぎにはいいが、共鳴術技に繋げにくいのが難点。
上級 48 10 前方で複数の炎弾を破裂させる。ダウン効果。中級よりもさらに吹き飛ばす。
使用後に自身が若干浮いてしまう。空中ではスキが大きくなり自分の位置が下になる
ウィンドカッター 下級 10 2 風の刃で1回攻撃。奥に向かって攻撃範囲が広い。発生も早く、ミラの序盤の主力となる。
使用回数400でダウン起こしが付加される。
ミラは地上ステップの性能が低く、慣れないうちは中級で起こしていく方が楽だが、
起こしつつ地上からコンボを続けたい場合にはこちらを使う。
中級 26 4 風の刃で2回攻撃。相手を打ち上げ、2撃目で自身も飛び上がる。
使用回数400でダウン起こしが付加される。
貫通性質で複数の敵に当てやすく、この技も共鳴ゲージがよく溜まる。
ダウンした敵を起こしつつ敵の斜め上空に位置取るのでダウンを奪った後の追撃の起点としても使いやすい。
上級 36 5 風の刃で2回攻撃した後、衝撃波で敵を打ち上げてダウンを奪う。3段目に若干硬直があり、やや癖がある。
使用回数400でダウン起こしが付加される。
上空でダウンを取ると後の選択肢が限られてくるので、下級・中級の方が連携の自由度は高い。
地上発動に限り2段目でキャンセルして次の行動に移ることができ、一応中級のような使い方もできる。
気刃連旋襲を呼び出す場合は無理にこの技から入らず、スライドリングアーツを使ってもいい。
グレイヴ 下級 9 4 剣を突き立てて岩槍を発生させる。ダウン起こしあり。空中では斜め前方に急降下する落下技になる。
垂直落下して敵をダウンさせるディストールノヴァと状況に応じて使い分けたい。
アクアプロテクション 下級 12 1+1 ミラの周囲に水球ビットを一つ展開(最大6つ)。敵に当たるとダメージを与えて消滅する。
使用回数200回以上で水球展開時にもダメージ判定があり、近接攻撃手段としても使用できる。
ライトニング 中級 25 5
(4)
雷を纏った剣で突いた後、敵の頭上に2つの小さな落雷を発生させる。
空中では目の前に1つ落雷を発生させる。ガードブレイク効果付き
上級 35 5
(3)
2回攻撃した後、3本の雷柱を前方に発射する。空中ではそのまま3本の雷柱を発射する。
威力がぶっ飛んで高い。空中だと連発出来るので非常に便利。ガードブレイク効果付き
パーティクル・ロンド 中級 38 2 光速で相手の背後に回りその軌跡で攻撃する。地上で出すと発動前に若干の溜めがある。
立ち回り的要素の強い技で、敵の頭のあたりを掠めつつ空中での位置取り調整に使うこともできる。
敵集団の中から抜け出したい時は、ラウンドエッジで浮かんでこの技で敵集団を突き抜けて外に出るといい。
上級 45 4 敵を突き抜け、斜めに上昇しながら切り返して元に戻ってくる。地上で出すと発動前に若干の溜めがある。
浮かせ性質があり、連発すると敵を少しずつ浮かせながら空中で拘束することが出来る。
他の技との連携性もよくコンボに組み入れやすい。また上級術の魔技だけあって火力も高い。
ただ混戦の中で使う場合にはなるべく空中発動で。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。