キャラクター > ローエン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前 ローエン・J・イルベルト(Rowen J. Ilbert)
CV 麦人
性別 男性
年齢 63歳
身長 175cm
武器 サーベル+ナイフ
戦闘タイプ 精霊術師
特性 術後調律
パートナー固有サポート オートマジックガード

「ジジイは、もう後悔できる歳じゃないので必死ですよ」
指揮者(コンダクター)の異名をもつ、リーゼ・マクシアでは、その名を知らぬ者はいない名軍師。
ガイアスの右腕として現役復帰し、リーゼ・マクシア宰相に就任。
エレンピオスとの交渉の最前線に立ち、休戦協定、和親条約を次々と締結した。
両国の共存の道を拓き、軍事的緊張を穏和させたが、一方では和平反対派の憎悪の対象にもなっている。
政治と軍事の世界的キーマンではあるが、お茶目なムードメーカーぷりは、もちろん健在。

武身技

名称 消費TP 属性 hit 空中 備考
セヴァードフェイト 7 3 × 目標に時間差で複数のナイフが落下し、魔法陣を描いて攻撃。
×ボタン長押しでローエンが腕を広げるモーションを取り、ナイフが即落下する。
星1つ(使用回数100回)で攻撃範囲が拡張。
マーシーワルツ 9 2 × 舞うように二連続で斬りつける。ピロンピロン鳴る普通の攻撃。
星1つ(使用回数100回)でダウン起こし効果追加。
光属性攻撃なので「チャーム」を付与する場合も。
アンビュスマーチ 11 1~5 100 後方に飛び上がりながら地面三方向に魔法陣を発生させるナイフを投げる。
陣に敵が触れると小型の石柱が発生。星1つ(使用回数100回)で空中発動可。
星2つ(使用回数200回)でナイフが4本、星3つ(使用回数400回)でナイフが5本に増加。
セミオート時に使用すると勝手に接近してちょうど敵の後ろあたりに魔法陣を投げる。
要するに当てにくいのでセミオート時は注意。
後ろにジャンプしながら発動するので、距離をとりつつ壁を作ることができる。
レクイエム 13 3+1 × 剣による連撃を繰り出し、一定時間経過で爆発する魔法陣を刻み込む。
魔法陣を刻む斬撃が1回でもヒットすると敵に陣がセットされる。
〆の斬り降ろしは攻撃範囲が広いが、陣の設置効果はないので注意。
防御されたりダウンしていても陣はセットされるが、斬撃は小さい敵にはやや当てにくい。
魔法陣の爆発は範囲に効果があり、敵を吹き飛ばしてダウンさせる。
敵に刻むだけでなく、中空に設置も可能。
星1つ(使用回数100回)でモーションが高速化。
プレリュード
ソーンラプソディ
モータルクレッシェンド
フリットカプリッツォ 前作のイベントで使用していた紙飛行機で突撃する
ヒーリングエチュード 回復技


精霊術

名称 等級 消費
TP
属性 hit 詠唱 空中 調律効果 備考
ファイアボール 下級 9 1
(+1~3)
1s ×ボタンで火球を連射 前方に炎球を発射して攻撃。縦軸に対してのみ追尾能力を持つ。
弾速は遅いが、調律でフルヒットさせればかなりの高威力。
スキル「スペルエンド」装着時は連発する事で調律時と比べ連続行動補正でやや火力は下がるが、
操作モードがセミオートであれば発射毎に向きを敵に合わせる事が可能。
追加効果の「炎上」がボス敵相手に非常に強い。
ウィンドランス 下級 10 1
(+1~)
1.3s ×ボタンで風の刃を更に発射 貫通する風の刃を放ち、術者と標的を結ぶ直線上を攻撃。
調律は初撃を敵にHITさせた数だけ追撃を出せるが、逆に誰にも当たっていない場合は調律不可。
調律の性質上、ローエンと敵の位置次第で複数ヒットも容易で、
ソリッドコントラクションとの相性が良好。
上手く複数の追撃を発生させられればかなりの高火力。
ロックトライ 下級 9 3
(+1~2)
1s ×ボタンで石柱の追撃 地面からから飛び出す三本の岩槍で攻撃。発生が遅め。
素早い敵に当てたい場合はフリーターゲットによる調整を推奨。
スプラッシュ 下級 12 6 1s 左スティックで水流を操作 空中から水流を叩きつけて小範囲を攻撃。
最初に飛び出す水瓶にも判定があり、発生が極めて早い。
拘束力も高く、術コンボ時は基点としても中継としても非常に役に立つ。
スキル「スペルエンド」を付けた状態で連発すると簡単にHIT数を稼ぐ事が可能。
エアプレッシャー 中級 22 3~4
(+1~2)
2s ×ボタンで更に圧力をかける 強力な圧力を生み出す魔法陣を形成して中範囲を攻撃。
発生がやや遅く、フリーターゲットが示す攻撃範囲は最後の一撃部分のみなので注意。
調律による追加攻撃にのみダウン効果あり。
ブルースフィア 中級 24 1 2s ○ボタンを押し続けると水球が巨大化 空中から巨大な水球を落下させて中範囲を攻撃。
調律で攻撃範囲を広げられるが、ダメージの発生は遅い。
フリーズランサー 中級 24 10
(+1~6)
2s ×ボタンで弾数増加 貫通する氷の刃を連射し、術者と標的を結ぶ直線状を攻撃。
射程は戦場の半径よりやや長い程度で、見た目よりも少しだけ短い。
攻撃判定は射出される小さな氷の刃にある為、敵が小さい場合はヒット数が安定しない。
射程は長めだが、オート時のローエンは敵との距離に関係なく使用するので注意。
ブライトベル 中級 18 4
(+1~2)
2.1s 左スティックでベルを更に動かす 中空に生み出した光のベルを鳴らして中範囲を攻撃。
発生が早めで、拘束力もそこそこ。「チャーム」目当てで連発してもらうのもあり。
ソリッドコントラクション 中級 28 2~5
(+1)
2s 左スティックで鎖が一本増加 四方から取り囲む術の鎖で広範囲を攻撃。
鎖はヒットした相手を進行方向に移動させる力を持ち、
四方向からの攻撃によって敵を中央に固める事が可能。
発生はそこそこだが、外側から内側への攻撃という関係で
移動している敵にも当てやすい。
また、範囲の外側でヒットするほど鎖に押し出される関係でヒット数が増える。
術後調律による効果は敵を特定の方向に押し出す鎖を追加するというもの。
こちらにも攻撃判定は存在する。
スキル「コンダクター3」と組み合わせる事で、敵をこちらに一切近づけずに戦う事が可能。
エリーゼの「ネガティブゲイト」と組み合わせると愉快な事になる。
クラッグワルツ 上級 34 1~
(1~19)
3s 左スティックで岩塊を操作 地面から飛び出した岩塊が一定時間、戦場を転がり続けて攻撃。
岩槐は消滅する際に爆発して小範囲を攻撃。触れた敵を吹き飛ばしてダウンさせる。
妙な慣性が付いているので調律しても当てるのが難しい。敵に使われるほうが厄介な術。
さらにオートで使われると勝手にカメラが遠くなってやりづらくなるので封印推奨。
ちなみに調律しない場合、岩槐は直進して戦場の端でバウンド(角度はランダム)するのを繰り返す。
詠唱を短縮し、スキル「スペルエンド」と組み合わせると岩を3~4個戦場に配置可能。
ディフュージョナルドライヴ 上級 36 12~16 3s 左スティックで水の発射位置を操作 渦より何度も吹き上がる水の弾丸で中範囲を攻撃。
術が終わる際に味方全体のHPを10%回復。
攻撃範囲は渦の外周を基準とした円柱状となっており、弾丸の位置は無関係。
故に空中を含む範囲を安定して攻撃可能で、ヒット数も多く拘束時間が長め。
発生もそれなりに早く、調律で手軽に攻撃位置を調整できるので非常に扱いやすい。
素の攻撃範囲はさほど広くないが、ぐるぐると渦を動かせば広い範囲を攻撃可能。
スキル「スペルエンド」と組み合わせる事によって、
広範囲拘束を長時間行える(後はおまけ程度の回復も)。
スキル「スピードスペル」も加えれば、ザコ相手ならTPとACが続く限りコンボが継続する。
備考欄にあるAC回復技との併用がお勧め。
アブソリュート・コア 上級 33 5 3.3s 左スティックで氷塊を操作 敵に命中、もしくは一定時間経過で巨大な氷の結晶として炸裂する氷塊を前方に打ち出す。
氷の結晶は砕け散る際に敵を吹き飛ばしてダウンさせる。
飛ばす氷塊は速度が遅い上に追尾性もなく、
時間制限による射程限界も存在するので扱いはかなり難しい。
時間停止状態では氷塊が見づらくなるため、余計に扱いにくくなる。
前衛とリンクして前線で使うにも、当たると吹き飛ばしてしまうのでやはり扱いにくい。
氷の結晶の攻撃範囲はそれなりに広めなので、上手く動かせば敵は巻き込みやすい。
尚、オート時のローエンは敵との距離に関係なくこの術を使用するので注意。
ディバインストリーク 上級 38 10 3.5s 左スティックで発射方向を操作 前方に光線を照射して攻撃。射程は戦場の半径程度。
後方から当てられない事もないが、離れすぎた敵を追えるほど長くもない。
自操作の場合は、スキル「スペルキープ」で詠唱を蓄積し、
バックステップやフロントステップで軸を合わせてから使うと比較的当てやすい。
オート時のローエンは敵に届かない位置から使用したりするので注意。


奥義・秘奥義

名称 タイプ 消費TP 属性 hit 詠唱 備考
タイダルウェイブ 術系奥義 40 8 3s 渦潮で戦場全体を攻撃。複数相手に非常に高性能で、特に敵が散開している場合に有効。
「奥義」なので調律が無く、発動時のモーションが普通の術と異なる。
スキル「スペルエンド」の効果もないので注意。
グランドフィナーレ 秘奥義 2 - 「タイダルウェイブ」の水流を水柱にして巻き上げ、凍らせ、最後に砕き散らす秘奥義。
広範囲の敵を攻撃できるが、威力は若干低め。敵の属性相性にも注意。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。