バアル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

古代カナン地方で信仰されていた豊穣神であり、ウガリット神話の主神。
その名はセム語で「主」を意味する。

  • 四文字さんの出現以前に、おそらく最も信仰を集めていた神。
唯一神四文字さんと敵対した異教神の一人だが、上記のとおりの強大な存在で、
異教神の中でも別格の実力と存在感を持つ。

  • 現役時代
まず、悪魔に貶められる以前は四文字さんのライバルと言える(多分)唯一の存在で、実際にライバルと記述されている本も、ライバル設定が生かされているメディア作品も割とある。メガテンがほとんどだが。
また、嘘かホントか昔は四文字さんと同居していたという説もある。

まあ、そもそも四文字さん自身が豊穣神バアルさんの影響を多く受けているのだが。

  • 悪魔時代
元の侵攻規模が凄かったり呼び名・尊称が多かったりで何柱もの悪魔になった。

ベルゼブブ、ベルフェゴール、そのままバアルなど、貶められた後も強大な悪魔として有名。



余談

ウィキペディアに載っていないという事はポピュラーな説ではないのだろうが、昔は四文字さんと同居していたという話が個人的に好きだ。

昔は同居していて、四文字さんもバアルさんの影響を多く受けるほど仲の良かった二人だが、ある時を境に決別し、宿敵の関係となる。

なんか熱くて切ない話じゃないか。妄想だけど。



四文字さん-最大のライバル。かつては親友同士だったが考え方の違いで袂を分かつ。(後半嘘)
アナト-妹で妻。
モト‐宿敵の死神。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。