※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

伝説の始まり(?)

ヘボシィ父親を探すため向かったと思われるテラスティア大陸北部のダーレスブルグ公国を目指す途中、ヘボシィとシロはある村へと立ち寄った。
その村の宿屋で休んでいると、村に蛮族の襲撃がおこる。
外に出てみていると、村の自警団が襲撃を食い止めているが食い止めるのが精いっぱいで、その様子を見ていた宿屋の店主に宿代を報酬に蛮族の討伐を依頼される。


蛮族を追い返したふたりは次の日自警団の一人が負傷したため自警団は動くことができないので、代わりに残った蛮族の討伐を依頼される。
討伐するまでの宿代と食事代とさらに500Gを報酬にもらえるという事で承諾した。
蛮族のねぐらにたどり着いた二人は敵をおびき出し出てきたところを奇襲することにした。


蛮族達を討伐したふたりを村人が歓迎して、宴を開いてくれ、夜の遅くまで宴は続いた。
|