※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

接合についての考察

1種類の接合で考えた場合

 数列接合、同数接合、包囲接合について、仮に9枚連続で1種類だけを成立させたまま高得点を獲得する場合、最高で累計何点獲得できるのかを以下に表にしました。(具体的な設置手順については省略します)

札数 1 2 3 4 5 6 7 8 9 備考
数列 0 20 50 90 140 190 240 390 540 2と4の数札は接合箇所数が4つである前提
同数 0 20 50 110 190 300 440 610 820 全てが同じ数字の札である前提
包囲 0 0 0 40 40 140 140 320 800 最終的に"田"の字で包囲が完成する札である前提

 完全接合のみを狙って手札を配置した場合、得点は最後の1手にしか入りません。完成させるのに使った札数とその差異に手に入る得点について表で示します。

札数 1 2 3 4 5 6 7 8 9
完全 0 40 60 80 100 120 140 160 180

また、その次のターンで増加のお札を使い、もう一度完全接合を成立させた場合の点数について表にすると以下のようになります。

札数 1 2 3 4 5 6 7 8 9
完全 0 0 80 120 160 200 240 280 320

 よって
  • 完全接合を単体で狙うのはもっとも効率が悪い
  • 包囲接合は組み合わせ次第で点数が爆発する
  • 同数接合は最も高得点になりやすい(同数の札を集め続けるのは難しいですが)
 以上のことが言えます。