※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

魔人


 当時、魔人は一種の非差別階級で一般的な身分制社会からは切り離された存在でした。
 魔人に覚醒するとそれまでの身分を捨てて魔人のコミュニティに入り、基本的にそこで生涯を過ごすことになります。これは魔人の能力を危険視した体制による一種の隔離政策ですが、一方でその有用性も評価されており権力者に召抱えられて豊かな生活を送る魔人も存在しました。
 魔人と一般人が混在して生活を送る現在と違い、ハッキリと社会的に区別されていることからむしろ現代より一般大衆の魔人への差別感情は弱かったと言われています。