ADHD


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ADHD

注意欠陥・多動性障害(ちゅういけっかん・たどうせいしょうがい、英語: AD/HD: Attention Deficit / Hyperactivity Disorder)は多動性、不注意、衝動性を症状の特徴とする発達障害もしくは行動障害。

概要

注意欠陥・多動性障害は多動性、不注意、衝動性などの症状を特徴とする発達障害の一つと言われているが、DSM-IV-TRでは行動障害に分類されている。じっとしている等の社会的ルールが増加する、小学校入学前後に発見される場合が多い。一般に遺伝的原因があるとされる<ref name = "集中できない子供たち"/>が、他に適当な診断名がなく同様の症状を示す場合を含む。なお「注意欠陥・多動性障害」はDSM-IV-TRによる正式名である (AD/HD: Attention Deficit / Hyperactivity Disorder)。

注意力を維持しにくい、時間感覚がずれている、様々な情報をまとめることが苦手などの特徴がある。日常生活に大きな支障をもたらすが適切な治療と環境を整えることによって症状を緩和することも可能である。脳障害の側面が強いとされ、しつけや本人の努力だけで症状などに対処するのは困難であることが多い。診断は、多くの精神疾患と同様に問診等で行われ、ADHDに特化した生物学的マーカーや心理アセスメントは開発中であり、一般的でない。ADHDの医学的なあり方に疑問を持つ専門家も多く、アメリカではADHDに関する論争(英語版へのリンク)が盛んである。DSM-IV-TRでは症状に従い、以下の3種に下位分類がされる。

  • 多動性・衝動性優勢型
  • 混合型
  • 不注意優勢型 (ADD: Attention-Deficit Disorder)

一般にADHDとして扱われるADDは、多動性が少ない不注意優勢型である場合が多い。子供ではICD-10による多動性障害(たどうせいしょうがい、Hyperkinetic Disorders F90)の診断名がひんぱんに適用される。学童期までの発症率は1 - 6%で男子の方が女子よりも高い<ref name="mugishima54">麦島 (2006)、p.54。 しかし、女子の場合は多動が目立たない不注意優勢型に分類されることが多く、発見が遅れがちである。よって、認知される人数が少ないことが推測され、実際の発症率の男女差はもっと小さいとする説もある。

学校生活への影響

学習面においては、計算などの単純作業において障害が原因で健常児と比較してミスが多くなる傾向がある。 学習機能面以外の問題として、ADHD児は授業中に立ち歩く、他の生徒とずっとおしゃべりをし続けるなど、教諭や他の生徒にとって迷惑な存在になるケースも多い。またノートを取る、宿題する、提出物を出すなどは「退屈」であるためADHDの児童が苦手とする傾向がある(あるいは好きな教科しかしない)。これは、生徒に対する評価に「授業態度」が決して少なくない割合を占める日本の教育現場においては、本人にとっても困難な状況であるといえる。たとえ知能が高くても学業に結びつかない浮きこぼれの原因になり、授業態度が悪いと内申書で低い評価しか与えられない。

予後

 社会と折り合いをつけられず反社会的行為に及ぶ割合が、ADHDの診断を受けた者は健常者より高いという研究がある(いわゆるリスクファクター)。http://megalodon.jp/2010-0906-0315-30/health.msn.com/health-topics/adhd/articlepage.aspx?cp-documentid=100247060。 この研究に含まれているのは、大人になった時点で、後に調査された1万人以上の若者である。それによるとADHDを持った若者がその後の人生に於いて盗みを犯す確率は2倍であり、ドラッグを売る確率は50%高かった。  (学童期に)注意欠陥・多動性障害の場合、集中力に欠け落ち着きがなく、攻撃的である。そこで、女子に対する性的ないたずらや万引き、盗みなど、いろいろな小さな悪事を重ねる。そうしたことが慢性化すれば、当然、行為障害になる。注意欠陥・多動性障害は、イコール行為障害ということになる。しかし、行為障害の要件を満たしていても、集中力に問題がなく、多動でもない場合もある。行為障害のなかに注意欠陥・多動性障害は包含されるが、行為障害には、注意欠陥・多動性障害からはみ出るものがある。そして、一般に反社会性人格障害は、学童期には注意欠陥・多動性障害という形で出てくる。注意欠陥・多動性障害は行為障害と重なり、18歳以上になると反社会性人格障害になるケースが多い。

参考文献

ダニエル・エイメン、『「わかっているのにできない」脳』。