アスペルガー症候群


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アスペルガー症候群


アスペルガー症候群(アスペルガーしょうこうぐん、Asperger syndrome: AS)またはアスペルガー障害(アスペルガーしょうがい)は、社会性・興味・コミュニケーションについて特異性が認められる広汎性発達障害である。各種の診断基準には明記されていないが、総合的なIQが知的障害域でないことが多く「知的障害がない自閉症」として扱われることも多い。なお、世界保健機関・アメリカ合衆国・日本国などにおける公的な文書では、自閉症とは区別して取り扱われる。精神医学において頻用されるアメリカ精神医学会の診断基準 (DSM-IV-TR) ではアスペルガー障害と呼ぶ。
対人関係の障害や、他者の気持ちの推測力など、心の理論の障害が原因の1つであるという説もある。特定の分野への強いこだわりを示したり、運動機能の軽度な障害も見られたりする。しかし、カナータイプ(伝統的な自閉症とされているもの)に見られるような知的障害および言語障害は、比較的少ない。

アスペルガー症候群と犯罪


アスペルガー症候群の人は認知の歪みを抱えており、自分の感情をコントロールするのが困難なため、「キレ」やすく、反社会的な行動をとることがある。しかし、本人の家族などで組織される支援団体は「アスペルガー症候群そのものが犯罪に直結することは決して無い」と強く主張している。
以下に挙げるものは、社会に大きな影響を与えた事件である。

  犯人の高校生は動機として「[[殺人]]の体験をしてみたかった」と供述していた。
精神鑑定がなされ、一回目の鑑定では「'''分裂病質人格障害'''か'''分裂気質者'''」、二回目の鑑定では「犯行時は'''アスペルガー症候群'''が原因の心神耗弱状態であった」と出され、
 [[名古屋家庭裁判所]]は二回目の鑑定を認定した。
二回目の鑑定には[[児童精神医学]]の専門家が鑑定に加わっていた。
 この事件は、[[文部省]](当時)に広い範囲における[[高機能自閉症]]児に対する早期の教育支援が必要であることを認識させ、後に[[特別支援教育]]として制度化されることになった。
 家庭裁判所の審判において「少年は、男性性器への関心と家庭環境で増強された他人への共感性の乏しさがあいまって被害者に暴行。
防犯カメラを発見したことで動転し、衝動的行動に出やすいという資質と共感性の乏しさがあいまって被害者を屋上から突き落とすという行為に及んだと考えられる」と結論している。
 全国にある[[アスペルガー症候群]]の子をもつ親の会の反発は強く、各報道機関に「アスペルガーという名称を使用しないでほしい」と圧力をかける出来事まで起きた。
 一方、[[アスペルガー症候群]]への理解を深めるための本が出版されたり、「自分はアスペルガー症候群」と名乗る人が出たりして、社会的な関心が広まった。