HUGシステム


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

HUGシステムの流れ

HUGシステムには4つの状態が存在します。

①キャッチ
まず何も行われていない状態から始まります。
出会う様々なキャラクターとの絆を深める為に、まずキャッチを行います。

キャッチとは「出合ったNPCと交流をはかる」という宣言です。
その為に必要な条件は「面識のあるNPCの名前を知る」という事です。
PCに名前を名乗らない人物、名前を知らない人物をキャッチする事は出来ません。

一度にキャッチ出来るのは一人のNPCのみで、他のNPCをキャッチ出来ません。
また、同一NPCは1シナリオに1回しかキャッチ出来ません。

②コンタクト
NPCをキャッチした後、相手からの第一印象を決定します。



③ロール
コンタクトを決定したNPCとのやり取りです。
ここは特に意識する項目はありません。
ロール中に行われたNPCとのやり取りが、次の状態に影響します。

④ハグ
キャッチしたNPCとの別れの場面で、どれだけ絆が深まったかを判定します。
別れと言っても、永久の別れというわけでなく、
キャッチしたNPCと「交流をはかるのを終了する」という意味合いです。
もちろん、シナリオによっては未来永劫の別れとなる場合もあります。

ハグはプレイヤー側から「もう充分だ」と思った時点で宣言する事が出来ます。
また、シナリオのイベント上GM側から宣言される事もあります。

ハグ判定を行う前に、ロールでの修正を計算します。

  • 相手と共に過ごした … 半日につき1点(丸一日で2点)
  • 相手の第一印象を変えた … 3点

  • 相手に重要な情報を与えた … 2点
  • 相手から重要な情報を得た … 1点
  • 相手の要望に応える働きをした … 内容により1~3点

  • 相手を負傷させた … -3点
  • 相手の信頼を裏切る行為 … 内容により-1~3点

これらの修正点+2D6を行い、達成値を算出します。
算出された達成値を元に、以下の表の該当項目の分だけ、HUGポイント・シンクロ率が変動します。