※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Last Updated 2014年10月05日 (日) 12時43分31秒

Topicsについて


 2014.10.05


  • Super Moonモドキの撮影について

 10月4日に掲載した、アバターを小さく、月を大きく見せて撮影した時の
 状況を紹介します。

 ①撮影セットの状況
  ps_dy_2014100501.jpg
 この画像の撮影用に手前にLootアクティブ・カメラを置き、撮影モードで
 最上段に構えてキャプチャーを取りました。

 ②さらにカメラを引くと、月とアバターとカメラの位置関係はこうなってます(;^_^A
  ps_dy_2014100500ex.jpg
 (クリックすると、画像に埋め込んだ文字が見やすくなると思います<m(_ _)m>)
 これ以上は高い位置にアバターは行けなくなります。
 カメラの下にテーブルをセットすれば、見上げる撮影アングルがもう少しマシになったかもしれません・・・

 ③カメラの撮影モードを終了し、アバター視線に戻った瞬間です。
  ps_dy_2014100502.jpg
 10月4日に掲載した時は、左側のアクティブカメラからの映像をキャプチャーしています。

 ④③の状態から右スティックを回して、アバター正面にまわった普通の状態。
  ps_dy_2014100503.jpg
 通常はここでカメラを起動して、□ボタンで撮影するわけですが
 月とアバターの大きさは、どうしてもこういう感じになってしまいます。



 10/4 撮影時のこぼれ話・・・w

 アバターを自然状態で放置すると、色んなポーズを少しだけ取るのですが
 好みのポーズになるのを待たなければなりません。
 加えて、時間の経過に伴って月の周りに雲がかかるので、
 綺麗な空になるタイミングも計らなければなりません。
 おまけに、燈台の光が差し込んで、岩(崖?)が少しオレンジ色に
 染まるので、そのタイミングも計っての撮影でした・・・(;´Д`)

 完全に澄みきった夜空と満月、オレンジ色掛かった崖とお気に入りポーズ・・・
 実は完璧には撮れませんでしたwwww




ハンドルネーム等:
コメント: