sonicaraianceとは


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

sonicaraiance



★はじめに

本日はsonicaraianceをご覧いただきましてありがとうございます。
さて、私たちsonicaraianceは、「RailSim架空鉄道」を対象に、企業提携を目的としているRailSim架空鉄道同盟では最大のものです。そのsonicaraianceはどのような目的で設立されたか、ほかの同盟とどこが違うのかを中心にご説明いたします。

★sonicaraianceの概略

sonicaraianceは、2009年7月に、「RailSimユーザー同士の交流」「架空鉄道ユーザー同士での交流」を目的として開設しました。架鉄としての同盟は、sonicaraianceが一番最初です。

「同盟」は「ネットワーク」と違い、企業提携のみを目的とするため、直通運転に伴うダイヤの複雑変更も必要ありませんし、強制的に直通運転をする必要がありません。そのため、従来型に比べて加盟しやすく、現在までに多くの企業が加盟しています。

sonicaraianceは「交流」を目的としているため、談話室を設けています。この談話室ではユーザー同士がRailSimネタから世間話まで、様々な面で交流をすることができます。また、この談話室を利用することによってより多くのRailSimユーザーとふれあうことができます。それによって、プラグインの自主制作に挑む方、それにアドバイスをする方など、お互いに技術を高められるきっかけになっております。
実際、毎日のように談話室はにぎわっており、友人のようにふれあっており、Skypeを使った会話などで楽しんでいる方もいます。
そちらが発展しまして、希望者のみですがオフラインミーティングを実施しました。今後も実施予定があるため、ますます交流が深めることができます。

加盟者数が多いため、代表を決めて役員を5人設けており、毎年3月と9月に総会を実施します。また、定期的に会議を行い、役員・メンバー一体となって活動しております。

★ほかの同盟と違うところ

ほかの同盟と違うところはこういったところです。

「そよかぜネットワーク」「Rn.jp」と違うところ
当同盟とシステムが大きく異なります。この2つのネットワークは直通運転による交流を行っていますが、sonicaraianceは直通運転を目的としていないため、まだ直通運転などを行ったことがない方や、架空鉄道を設立して浅い方などにお勧めしております。

「あかぎ鉄連会」と違うところ
あかぎ鉄連会はすべての架空鉄道が対象となるのに対し、sonicaraianceはRailSimの架空鉄道のみを対象としております。また、基本的にシステムに相違点はありませんが、あかぎ鉄連会は地方私鉄をおもに対象とし、「助け合い活動」が活発ですが、sonicaraianceはおもに都市私鉄対象とし、共通ICカードの設定などを行っております。そのため、直通運転を行う際に同盟内同士の方で利便性を高くすることができます。またあかぎ鉄連会のような「助け合い活動」はsonicaraiaceでは実施していません。もちろん地方私鉄の加盟も大歓迎です。

★sonicaraianceの加盟に向いている方

特にsonicaraianceおすすめできる方は、

  • RailSimユーザーの友だちを増やしたい方
  • RailSimユーザーとの交流をさらに深めたい方。

★加盟したい方は…

加盟受付から受付してください。





ここからよくある質問をまとめます。

私は他の会社が他の同盟に加盟しております。その場合はsonicaraianceに加盟してよいのでしょうか?

  • 加盟できます。

私が作った会社はすでにほかの同盟に加盟しています。その場合はsonicaraianceに加盟してよいのでしょうか?

  • この場合は加盟できません。ユーザーが複数所属する分には構いませんが、1つの会社がほかの同盟に加盟している場合は、「ほかの同盟との重複を防ぐ」「ほかの同盟の規定とsonicaraianceの規定が異なってトラブルになることを防ぐ」ことからお断りしております。なお、出先機関等が他ネットワークに加盟している場合もこれに準じます
(こちらは開設当初より決められていましたが、従来の概要には記載されていませんでした。加盟ユーザーの方におかれましては、ご容赦いただけますようお願いいたします。)

私はすでにsonicaraianceに加盟していますが、複数社加盟してもよいのですか?

  • 構いません。