PART11


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

芽依子「あっ!幸子!」
幸子「芽依子!」
高貴「無事だったんですか。」
先生「ふぅ、よかった。」
芽依子「せっかくだし、ほかの二人見つけてはやく学校から帰ろうよ!」
先生「そうだな。」
高貴「せっかくだし、二人だけで話してみては?」
幸子「なんで?」
先生「じゃあ先生たちは正門開けてくるから、ここで待ってて」
芽依子「はーい。」
すたすたすた
幸子「何話す?」
芽依子「好きな人話・・・とか?」
幸子「えぇ!?」
芽依子「いいじゃんいいじゃん」
幸子「そうかな・・・そういえばさ、悟とか芽依子とお似合いじゃない?」
芽依子「な、なんで!?」
幸子「悟、いつもひとりごとで芽依子好き芽依子好き言ってるもん」
芽依子「そ、そうなの・・・・」
芽依子「それじゃあ、幸子は好きな人いる?」
幸子「そっ・・・それは・・・」
芽依子「彰でしょ、彰。」
幸子「なんで私があんなやつのこと好きだと分かるの?証拠は?」
芽依子「まぁ、普通わかるでしょ。」
幸子「そ、そう・・・かなぁ・・・・?」