登場人物


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

登場人物紹介

高田 彰

塾に通っている小学5年生、幸子に恋をしている、よくある好きな子をいじめてしまう、そんな体質。
塾の成果などは全くない、普通の家庭。また、悟が芽依子のことがすきなのも知っている、分かっているのは独り言で知っているらしい。
また、幸子に想い伝えられないでいるという。

安城 悟

彰の親友、同じ小学5年生、芽依子に想いを寄せている。口げんかが弱いが、劇中では口げんかすることはないので。設定上の事となる。
芽依子のことが好きなことを独り言で行っているため、幸子と彰にばれている。

里山 幸子

彰から、肝試しの材料を持ってこいと言われ、ゴミ置き場に会った石板を持って行った張本人、運勢は最悪であり、不幸のど真ん中。人生山あり谷ありの言葉を信じて、山を目指している、物語中盤から彰に想いを抱く。彰と同じで、悟が芽依子のことを好きなのを知っている。芽依子とは相談仲間のような関係と同じで友達関係、最初からサッカーボールが頭にあたるなどの不幸なことが起きる、石板でこうなるのも幸子の不幸のせい。

芦田 高貴

ガリベンで、妖怪などの存在を信じていないが、妖怪に出会って信じることとなる、基本的、誰も好きではなく、勉強だけが命らしい。先生を信頼しているが、先生の小学の成績を聞いて、信頼できなくなったりする。

安住 芽依子

剣道を習っている女の子、幸子とは友だちである。また、極度の心配性であるが、劇中では心配性のことなどはあまりないらしい。また、小6での目標は彼氏を作ることだという、また、唯一霊感が強い。

高山 大田(先生)

小学校の先生。小学の成績は悪かったが、中学から良くなってきて、やっと先生になれたという。また、彼女もいるのだという。実際。弱虫で怖がりだとか、劇中で出てくるテケテケのことをテケテケとは認めていないらしく、下半身が無いのがテケテケだとか、夢でうなされていて、そっちのほうがしっくりくるのだという

聖子

皆の前にあらわれた謎の女の子、すでに中学らしく。久しぶりのこの学校に来たという。また、かなりの物知りだが、劇中でそういうのはしていない。